ワールドカップ

少し、冷静になって今回の代表をふりかえる。

_DSC6013
今朝の試合は、いろいろとスゲぇ展開でしたが、今になって思うと最後のCKは、狙わずに時間使って延長に持っていって欲しかったなぁと。見ているこちらとしては、もう少しドキドキしたかったですね。

ところで、前回のブラジルの後に変わったアギーレさん、そこそこ面白い選手選考で楽しみやったけど、アジアカップとれなかったのと、八百長問題もあって解任。で、ハリルホジッチさんに変わったけど、この監督、ちょっと強権的で人の話をまるで聞かないタイプで、評判は最悪でした。去年の年末に国内組だけやったというエクスキューズがあったにせよ、韓国に1-4で負けた時は、「まぁ、あかん」と思いました。が、大会2か月前に解任するという暴挙にでたサッカー協会。この時は、さすがに、泥縄なビジョンのないサッカー協会に愛想が尽きました。代表をどう作っていくかというビジョンが明確にはなく、日本らしいサッカーという曖昧模糊としたイメージしか持たず。ワールドカップ4年毎に監督を変えて丸投げするだけで、真の育成がおろそかになり、ハリルホジッチという暴君の下、成績も上がらず、代表の人気もダラ下がりで、苦肉の策の解任の暴挙。
とりあえず、良くも悪くも今までの積み上げをばっさり切って、西野さんを監督に据え、ワールドカップに臨むことにしました。結果は、望外の果実をつかみ取りましたが、南アフリカから積み上げてきた選手達の成熟が思った以上に進んでいたのと、リーガやドイツ、フランスで経験を積んだ、乾と柴崎、大迫、原口、宏樹や高徳達の融合が思った以上に上手くいっただけで、瓢箪から駒のようなもので、ベスト8進出は、今のサッカー界の状況では望むべくもない結果だったのかも知れませんね。
西野さんもこの短い期間では、試したい選手を吟味する時間のなかったので、コンサバな選考しか出来ず。それが、ベルギーと日本の差だったような気がします。少なくても、ベスト16に進出したらぶつかりそうな相手まで考えた選手選考は出来てなかったと思います。(始まる前はグループリーグ突破も難しいと思ってたんでしゃないですけどね)

選手は、本当に頑張りました。特に乾や柴崎は階段を確実に一歩上がったように思います。香川も昨日の試合は今までに無かったリーダーシップを発揮したと思います。吉田、昌子のセンターバックもいっぱいいっぱいになることも無く確実なプレーをしたと思います。長友は全力を尽くしたの悔いは無いとさわやかに言ってくれました。原口も最後の試合でやっとゴール前へのスプリントが決まって、クルトワからゴールをあげました、これを糧に彼のストロングポイントをより磨いてほしいです。大迫もワールドカップで取った1点を胸にさらにワンランク上を目指してほしいです。宏樹は大会前の怪我で万全な状態では無かったですが、走り回ってくれました。川島もいろいろな批判を受けましたが、めげずに立ち向かってくれました。本田や岡崎は、自分を抑え、チームのチカラになるようにプレーしたのが印象的でした。あまり出られなかった、武藤や高徳、宇佐見、蛍、槙野は、自分に足りなかったものを見つめ直して次備えてください。出場がかなわなかった、大島や遠藤、植田この悔しさを晴らせるように各クラブでのプレーの質を高めてください。今回選ばれなかった選手達もおのおののストロングポイントと現代のサッカー戦術の理解度を深め次こそはと精進してほしいです

単純に日本人監督がいいとは言いませんが、ハリルさんのように自分の価値を高めることを第一義にする監督はこれからはもういりません。その意味で霜田さんの選考は間違っていたと思います。次のカタール、そして北米開催のワールドカップでまで続く代表をどう作り上げるか、そして、いつかは強豪国の仲間入りができる日が来るのを望んでやみません。
僕たちサポーターは、やっぱ、代表が好きなんです。そして、ワールドカップはいろいろお金のことが莫大に絡んで、スポイルされた部分はありますが、吐出した個とチームとしての熟成やアクシデントがない交ぜになって、とても楽しい大会です。今回も新しいスターが生まれそうな予感もあります。これからの試合もとても楽しみです。
写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。品定めをするロウソクさんのメス。オスは気が気じゃありません

惜しかったなぁ

_DSC7117
ブラジルがメキシコを難なく一蹴した試合に続いた、ベルギー戦。勝てそうだったけど・・、日本は2-0のスコアは危ないのよね。ベルギーの1点目の入り方が嫌な感じだったよね〜。まぁ、しゃあない。これがポッド1の実力やね。しかし、昌子がルカクほぼ押さえ込んだのは凄かったね。大迫も頑張った。香川もスーパーでした。乾も決めたシュートはビューティフォーでした。原口もやっと持ち味のスプリントで1点とれてよかったね。最後、決められそうだったので前のめりになったところを逆襲から失点は、まぁしゃぁないね。悔いが残るとすれば、ポーランド戦で柴崎を休ませたかったなぁ。ちょっと、喜ぶのが早すぎたね。
こっちの山は、フランス、ブラジルの準決かな。向こうの山はスペインが消えたんで何処がくるのかわかりませんね。
写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8+クローズアップレンズで撮りました。

決勝トーナメント始まる

_DSC6232
いきなり、フランス10番エムバペの大爆発で始まった決勝トーナメント。アルゼンチンもさすがな抵抗をしましたが、一歩およばずメッシのワールドカップは終わりました。続いて、予選リーグで苦しんだカバーニの2発でウルグアイがポルトガルを下し、ロナウドのワールドカップも終わりました。次は、フランスvsウルグアイですが・・、カバーニの怪我が心配ですね。多分筋肉系の怪我なんで次は難しいかな・・?しかし、それにしてもフランス強です。
2日目の今朝は、どちらの試合もPK戦までもつれました。スペインは、ロシアの壁を突き崩せず、今回不安定な守備でPKを献上。1-1のドロー。PK戦になった時点で今大会のデヘアは、なんかイマイチ当たってなかったんでアカンかもと思いましたが、やっぱり全然止められず。ムラの多いアキンフェエフが今回は大当たりで2本止めロシア勝ちぬけ。一方、延長でもらったPKをモドリッチがシュマイケルに止められ、絶好の勝ち越しを逃したクロアチア。PK戦になったら、乗ってるシュマイケルのいるデンマーク有利かと思ったら、クロアチアのGKはそれ以上のできで3本止めて、クロアチアが勝ちぬけ。モドリッチはホッと安堵したことじゃないかな・・?次は、ロシアvsクロアチア。ロシアの高い壁をクロアチアが崩すことができるのか・・?こっちの山は本命スペインが消えたんで、メッチャ先の読めない山になりました。
写真は、α7Ⅲ+FE50ミリF2.8で撮りました。この組み合わせAFは爆速では無いですが結構正確なんで動きの少ないローソクさんにはもってこいかな・・?

さて、明日未明には、ベルギー戦がまっています。イギリスの専門誌は0-4でベルギーの勝ちと予想していますが・・、どうなるかなぁ・・?
その前のブラジルvsメキシコも面白そうですね。絶好の立ち上がりだったメキシコはまさかの失速で2位通過で、調子を上げてきたブラジルと対戦するハメに・・?ブラジルは、今回、冷静なコウチーニョがいるんで大丈夫かな・・?こっちの山はPK戦はなさそうですね。
日本はベルギーを延長まで、スペインを押さえ込んだロシアのような戦いは無理ですからね。どんなスタメンになるのか・・な?なんか記事によると、アザールがメッシもロナウドもいなくなったんで今回は俺の大会やといってるみたいですが・・?「俺の退会や」になって欲しいなぁ。

頭では、わかるけど・・・、

_DSC3467
昨日もポーランド戦。6人の先発メンバーを変えたのは、特に前の選手が相当に疲弊してるんやろうなぁということなんだと思います。でも、そのメンツが朝にスポーツ紙に載っちゃうのいかがなもんですよね。
で、試合は攻撃よりはバランスをとって、0-0で終わるというのがプランだったんでしょうね。しかし、ミッション失敗で0-1になって、攻めようとしたら、カウンターで危なくなって、そしたら上手いぐわいにコロンビアがリードしたんで、勝ち抜けのために運を天にまかせ、サッカーをしないことにしたという案配だと思います。こういうヨコシマなギャンブルは大概失敗するものなんですが、今回は、上手くいきましたね〜。まぁ、これで、西野さんは名策士ということになりそうですね。田嶋さんも高笑いですね。
しかし、川島さん今回は、頑張りましたね。槙野のあわやオウンゴールをよく止めました。
写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8でとりました。

鉄板と思った方にジャイアントキリング

_DSC4521
サッカーの醍醐味はジャイアントキリング。今回の大会ではドイツはたしかに不安定でしたが、案外走れない韓国にはとても難しい相手で、勝つのは無理やろうねぇと思って、とりあえず生では見ずに2時間遅れのビデオ観戦にしました。波乱が起きるのは、ブラジvsセルビアかなと思ったからです。ところがです。前半、攻めるドイツ。カウンターの韓国という展開ですが韓国GKチョ ヒョヌが抜群のできでドイツの枠内シュートはことごとく止めます。ドイツは攻めの迫力にちょっと欠けるカンジはありました。が、後半に入ると裏の試合のスエーデンvsメキシコがスエーデンがリードする展開に、こうなるとドイツは何が何でも勝たなくてはいけない展開に、しかし、シュートは枠に飛ばず。時々飛ぶ枠内シュートも韓国GKチョ ヒョヌ抜群の反応で止めます。一方韓国もときおり見せるカウンターも韓国サイド深くからのカウンターでドイツゴール前ではやや息切れというカンジで決めきれません。ドイツは、だんだんと後ろを削って前の選手を投入し、DFフンメルスも上がりどんどんと前掛かり・・に、韓国ゴール前のスペースがどんどん無くなります。打てども打てども入らな〜い展開。韓国も死力を尽くして走りますが、入らないですが、DFが少なくなるにつけ、シュートに繋がるようになりました。で、ロスタイム直前の韓国CKがグチャグチャとして、ややオフサイド気味なポジションの韓国19番(キム ヨングォン)の前にこぼれゴールへ。しかし、先進はオフサイドフラッグをあげました。今までならココで終わりなんですが、今回はVARがありますした。スローで見るとドイツの選手から韓国の19番にこぼれています。で、結果VARでオフサイドは取り消され韓国に望外の1点が入りました。しかし、ロスタイムは9分、ノイヤーも上がって必死に攻めますが、韓国がボールを奪いロングフィード、それをフン・ソンミンが無人のゴールへたたき込み。ドイツはジ・エンドとなりました。しかし、ドイツは嫌いやけど強いと思っていましたが・・、大会前からいろいろ不協和音が聞こえ、チームもまとまっていないように見えてはいましたがねぇ。グループリーグ最下位とはビックリです。その一方、まさかのスエーデンに0-3で敗れたメキシコは命拾いです。試合終盤、スマホで韓国の得点を知り、喜ぶメキシコサポーターの姿が印象的でした。
一方グループEのブラジルvsセルビアは、セルビアは大きいけどスピードがなさ過ぎ。前半30分頃にパウリーニョの飛び出しで1点取ると、後半20分頃に、CKからチアゴがヘッドで追加点をとり1位抜けです。ドイツにはパウリーニョみたいに飛び出る人がいなかったなぁ。もうひとつは、スイスが勝ち抜けです。
韓国にはドイツを破る大金星に予選敗退も吹き飛ぶ結果となりました。
さて今晩、グループH。勝てば、1位抜けのジャパン。難しい試合になりそうですね。
写真はα7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
婚姻色出しまくっているこの子は、いい子が見つかるのかな・・?
ギャラリー
  • コロナ禍の後は・・・。
  • だんだんと、じわじわと
  • 国会始まりましたね
  • 岐阜も緊急事態宣言・・ですね
  • 柳ヶ瀬は・・・。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
アーカイブ