カメラ

TG-6初挑戦。

PB040195
大瀬カレンダーフォトコンの商品でいただいた、umiumiさんのTG-6用のハウジングをいただいたので、TG5以降、顕微鏡モードに深度合成モードに興味があったんで、中身を購入して、初めて使ってみました。TG-6は15メートルまで防水のカメラなんで、ハウジングが水没しても、まぁ、よほどのことが無い限り壊れないので安心です。umiumiさんのTG-6用のハウジングは、顕微鏡モードの時に便利なリングリフレクターが着いているので、光の周りがよく、このムチカラマツエビも立体感もそこそこ出て、なかなか雰囲気のあります。
(しかし、PCで拡大してみると1/2.33インチの受光素子で1200万画素ということで、普段3000万画素オーバーのフルサイズの絵を見慣れているので、解像感はイマイチな気がしてしまいます。これは、比べるのが間違いなんでね〜)
PB040261
ネジリンボウも、カメラがコンパクトで、手を伸ばして撮ることができるので、比較的近づきやすいです。ヒレの色もよくでています。ただ、TGの水中撮影モードにすると水中ホワイトバランスが、ちょっとアカっぽいかなぁ〜?ボク的にはAWの方で撮ってもいいかな・・?という気もします。
(これも、1/2.33インチの受光素子で1200万画素、の悲しさ、細部を細かく見るとノイズや解像感にちょっとがっかりするなぁ〜というのが正直な感想です。)

で、ここで、深度合成モード。キッチリ言えば、三脚を使って撮るのがいいのですが、TG-6は手持ちでも使えるので、挑戦です。砂地にエソのペアがいたんで、合成モード5枚で撮ってみました
_B040223
今回は5枚を合成する設定で撮りました。撮った画像は、カメラの中で合成するので、RAWデータでは保存できないにたいですが、加算平均でピントのを合成するので、ディテールがはっきりし、ノイズも少なく、深度はメッチャ深い。なかなか、いいカンジですが、ストロボで撮るのは無理でライトで撮るのがいいようです。ちなみに普通に撮ったのは
_B040230
アングルは違いますが、2匹のピントは無理です。動かない被写体しか使えないけど、深度欲しい写真は時々あるんでそんな時はいいかなぁ。
もうひとついいのはビデオです。4K30Pで撮影できるので、とってもキレイに撮れます。ちょっとAFがもっさりしてるんで。写真モードでピントを合わせてから、ビデオを撮った方がいいように思いますが、液晶が大きいので撮りやすいです。

まだまだ、使いこなしていないので、なんともいえませんが、ボク的には、深度合成とビデオ。あとカメラが入らない小さな場所とかいいかなぁ。ほぼほぼ全部カメラ任せななんで、そこをどうするか、ちょっと考えないとねというきがします。

ソニーのカメラの話

_DSC5625
ソニーのフルサイズのαにキヤノンのEFレンズを問題無く使える、マウントアダプター、シグマMC11を発売以来4年半ほどずっと使って来きました。最近気がついたのですが、円周魚眼にの丸がだんだんと上に上がって、最近はほぼギリぐらいになっています。αのボディは何台か持っていますが、全部同じでした。
昔の写真を確かめてみると、ほぼ中心に円周が来ているので、使っているウチにレンズがお辞儀していることになります。今、MC11で使っているのは、EF8-15ミリF4とシグマ14ミリF1.8(このレンズは、マウントあたりの強度が心配で最近Eマウントに改造しました)でどちらかというとフロントヘビーなレンズです。MC11の絶対的な強度不足ということもありますが、一番の問題はEマウントの口径の小ささ、なような気がします。まぁ、ソニーには、なんの責任も無いですが、アダプターには経年負荷がかかって、少し偏心しちゃったんだなぁ・・しゃぁないと言えば、しゃぁ無いですが、エンドユーザーとしてはシグマさんもうちょっと頑丈に作ってよ、いうしかないですね。(この偏心、特に望遠レンズだと周辺のピントには、影響あるやろなぁ、ただ、0.1〜2ミリのことなんで、個体差というか許容範囲にはいるんやろね。)
で、中華のリーズナブルなマウントアダプターを導入して試したら、だいたい真ん中に入るようになりました。
ソニーのカメラは長いことカメラを使った来たものにとっては、ちょっと「あれッ」というところも無くは無いというかんじがあります。でも、それが、今までに無いカメラを作る原動力でもあるんで、短所でも有り、長所でもあると思います。
が、細かいところで、カメラに対する造詣不足なところを感じる面もあります。α7R出た頃から思っていたんですが、長時間露光の時の熱ノイズのつぶしがあまかったり、バルブモードがなかったり、メニューの作り込みがわかりにくかったり、些細な部分ですが、細かい突っ込みがいまだに満載です。
でも、α7シリーズも第3世代以降、電源の強化など、欠点を克服してよくなった来たけど、さらに頑張って細かいところをブラッシュアップして欲しいです。
写真は、α7RⅣ+EF8-15ミリF4、MC-11を使った撮りました。
小笠原の夜。満天の星と小笠原丸
円周の上側がギリでしょ・・これが切れるようになったら、円周魚眼としては使えなくなるもんね。

カメラの話

_DSC4502_02
僕らのようなジジイは、写真機はフィルムをカメラに入れて、ファインダーを覗きながら仕上がりを想像して、現像して、引き延ばしして、写真を見るというプロセスで写真を楽しんできましたが・・。
21世紀になる頃から、写真機はフィルムからデジタル機へと変遷し、その性能をどんどん加速させ、フィルムの頃には想像も出来ないような高感度や動画まで撮影できるようになってきました。
今や、6000万画素オーバー、4K動画。そして、8K動画まで撮影できるようになってきました・・・。が、出荷台数は昨今減っており、カメラメーカーも生き残りをかけた、仁義なき戦いに入ったみたいですね〜。

キヤノンさんも、8K動画、20コマ連写をウリにEOSR5を発表しましたが・・ウリの動画に熱問題が大きく立ちふさがっているようで、動画の撮影時間を長くとることが出来ないようです。スチルは問題無く、ユニークな絞り固定の800ミリや600ミリなどが魅力です。フォーカスブラケットも出来て、F22でもAFが効くというのもすごいです。瞳AFも鳥さんにも効くらしいので、それも素晴らしい。スペックを見ていると、8K動画はアドバルーンで、動画機というより、写真機としての基本性能がすごい気がします。(動画はシネマEOSを使ってね・・?てことかもね)

ソニーさんも、高感度や4K120Pをウリに動画&高感度に特化したα7SⅢを発表。標準でISO102400、拡張でISO409600という高感度。さすがにISO409600は使えんと思うけどISO102400はどんなだろうね。4K120Pでも1時間以上撮影できるのはとってもいいです。写真は1200万画素なんで、オールマイティではなさげですが、高感度が必要な場面で活躍しそうです(サンプル見るとISO6400はほぼノイズレスでした)。8Kは無いですが、外部出力で16bitRAWにも対応してるし、α7SⅡから5年。待った甲斐があったかも・・?

ニコンさんはどうするんだろうねぇ〜。

富士さんこそニッチになんとか頑張ってるけど、オリンパスはカメラ事業売っちゃうみたいだし(M4/3のセンサーの先行きも不透明だという噂もあります。)、リコーさんも先行き不透明だし。世界を席巻した日本のカメラ企業も衰退局面に入ったのかもね・・。

写真はα7RⅢ+EF8-15ミリF4で撮りました。フォトショップのレンズ補正で魚眼ぽさをやや薄めてみました。

カメラのはなし

_DSC7620
ソニーがミノルタのカメラ事業の撤退を受けてカメラ部門を買収したのが2006年その後その資産を活かしてαシリーズのカメラを発売しています。当時はキヤノンは5Dを売っていたころで、世の中デジカメに本格的に移行しはじめたころでした。当時のトップランナーは、キヤノンでした。僕も2002年「デジタルでいこう」をはじめたころから、主にキヤノンのカメラを使っていました。当時は、αを使おうなんて微塵も思っていませんでした。しかし、2013年11月。3600万画素のα7Rがでました。当時キヤノンのモデルチェンジのなんか出し惜しみ感にイライラしていた僕は、早速キヤノンのレンズもそのまま使えるα7Rを購入して、キヤノンのレンズもニコノスのレンズも使えるようにハウジングも作っちゃいました。そこから、浮遊でニコノス。アテチョン枠撮りが始まりました。その後、α7シリーズも何度かのモデルチェンジをし、今年は6100万画素のα7RⅣ、秒20コマオーバーのα9Ⅱ、電池も持つようになりバッファも他のメーカー以上に大きくなって随分使い勝手がよくなりました。
その間、キヤノンさんやニコンさんは、手をこまねいて今年やっと高性能ミラーレスを発売しましたが、なかなか売れず大分困っているみたいです。
ユーザーとしてはソニーさんひとり勝ちは困るので、キヤノンさんやニコンさんに頑張ってもらいたいのですが・・、キヤノンさんはムービーEOSの強みをいかして、4K60Pとか4K120P、ムービーRAWの実装とか、ニコンさんはメッチャクチャ頑丈なかつてのFのような壊れないカメラとか、なんかもっとエッジのきいたカメラを作って欲しいよね〜。
普通にいいカメラじゃもうダメ、6100万画素のα7RⅣ、高感度はちょっと弱くなったけど、中庸感度の繊細な描写は相当凄い。キャノンもニコンもキャッシュバックに頼らず頑張ってね〜
写真はα7RⅣ+タムロン28-75ミリF2.8で撮りました。

AFの進化

DSC06394
一眼レフのAFも随分と進化して、最近では速く、そして正確になったらしいですが、ミラーの無い像面でAFを検知するミラーレスは、もひとつAFが遅くてねぇ・・と、ちょっと前までは言っていましたが、何があなた、最近では瞳AFというトコトン眼に特化してAFするという、ミラーレスのAIアルゴリズムがすげぇ進化して、動物の瞳にまでピント合わせくれたりします。主にネコやイヌさん専用らしいのですが・・、お魚でも眼らしきもの合わせてくれるみたいです。AF-Cで広めのAFゾーンでとっても、ズーッと眼らしきあたりにピント合わせ続けるんです。AF合ったで〜マークがチカチカと眼のあたりで光り続けます。連写でとっても結構的中率高いです。しかし、その分電池の消耗は速いし、時々あさってのほうに引っ張られることはありますが、いままで、MFで苦労してたのはなんやったかいなぁ・・と。α7RⅡとα7RⅢのAFを比べるとファームウェアアップデートしたα7RⅢは、AFの精度が3倍ぐらい上がったような気がします。
写真はα7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
α7RⅣは、もっと凄くなったのかなぁ。
ギャラリー
  • コロナ禍の後は・・・。
  • だんだんと、じわじわと
  • 国会始まりましたね
  • 岐阜も緊急事態宣言・・ですね
  • 柳ヶ瀬は・・・。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
アーカイブ