ダイビング

TG-6初挑戦。

PB040195
大瀬カレンダーフォトコンの商品でいただいた、umiumiさんのTG-6用のハウジングをいただいたので、TG5以降、顕微鏡モードに深度合成モードに興味があったんで、中身を購入して、初めて使ってみました。TG-6は15メートルまで防水のカメラなんで、ハウジングが水没しても、まぁ、よほどのことが無い限り壊れないので安心です。umiumiさんのTG-6用のハウジングは、顕微鏡モードの時に便利なリングリフレクターが着いているので、光の周りがよく、このムチカラマツエビも立体感もそこそこ出て、なかなか雰囲気のあります。
(しかし、PCで拡大してみると1/2.33インチの受光素子で1200万画素ということで、普段3000万画素オーバーのフルサイズの絵を見慣れているので、解像感はイマイチな気がしてしまいます。これは、比べるのが間違いなんでね〜)
PB040261
ネジリンボウも、カメラがコンパクトで、手を伸ばして撮ることができるので、比較的近づきやすいです。ヒレの色もよくでています。ただ、TGの水中撮影モードにすると水中ホワイトバランスが、ちょっとアカっぽいかなぁ〜?ボク的にはAWの方で撮ってもいいかな・・?という気もします。
(これも、1/2.33インチの受光素子で1200万画素、の悲しさ、細部を細かく見るとノイズや解像感にちょっとがっかりするなぁ〜というのが正直な感想です。)

で、ここで、深度合成モード。キッチリ言えば、三脚を使って撮るのがいいのですが、TG-6は手持ちでも使えるので、挑戦です。砂地にエソのペアがいたんで、合成モード5枚で撮ってみました
_B040223
今回は5枚を合成する設定で撮りました。撮った画像は、カメラの中で合成するので、RAWデータでは保存できないにたいですが、加算平均でピントのを合成するので、ディテールがはっきりし、ノイズも少なく、深度はメッチャ深い。なかなか、いいカンジですが、ストロボで撮るのは無理でライトで撮るのがいいようです。ちなみに普通に撮ったのは
_B040230
アングルは違いますが、2匹のピントは無理です。動かない被写体しか使えないけど、深度欲しい写真は時々あるんでそんな時はいいかなぁ。
もうひとついいのはビデオです。4K30Pで撮影できるので、とってもキレイに撮れます。ちょっとAFがもっさりしてるんで。写真モードでピントを合わせてから、ビデオを撮った方がいいように思いますが、液晶が大きいので撮りやすいです。

まだまだ、使いこなしていないので、なんともいえませんが、ボク的には、深度合成とビデオ。あとカメラが入らない小さな場所とかいいかなぁ。ほぼほぼ全部カメラ任せななんで、そこをどうするか、ちょっと考えないとねというきがします。

ナベカのハッチアウト

_DSC7464
ナベカのハッチアウトは、守って居るオスが、成熟した幼魚を口に含んで吐き出します。相当なスピードなんで今年は、ライトいっぱい使って、シャッタースピードを1/1250秒で撮って見ましたが、なかなか難しいですね。梅雨が明けないのでイマイチ太陽パワーが届かなかったので、もひとつですね。秒10コマで撮ってこの前のカットは
_DSC7463
まだ稚魚は口の中なので1/10で5センチぐらいは飛んで見たいですね。最低でも時速30〜40キロぐらいのスピードで吐き出してるんですね。多分ビッシっと止めようと思うと1/2000は欲しいかな・・?それか、環境光を無視して黒バックでカッチリ、ストロボ光を活かして撮るかしないと止まらんように思います。
1.2〜3メートルくらいの水中で、約2時間オーバー。ああでもない、こうでもない、そして、ゆっくりと観察できるのは、とっても楽しいです。
写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8で撮りました

カブトガニの産卵

_DSC3739
カブトガニの産卵は、メスが砂に潜っているときは、まま、泡が上がるぐらいで、静かなイメージなんですが、夜の波打ち際の彼らを見ていると、静かな産卵ではあるのですが、荒々しい動的なイメージも湧いてきます。砂が舞い上がって、カブトガニが見えなくなるときも多々あるんですが・・・なんとか写ったカットをモノクロで。カラーだとカブトガニのフォルムがわかりにくくなるのでモノクロで
写真はα7RⅢ+EF8-15ミリF4で撮りました。

カブトガニ観察

_DSC3764
闇夜の海岸でひとりぼっちで暗い海のライトで照らすとぼんやりと見えるカブトガニのペア。
潮が引き出しても、産卵はなかなか終わらない、ひとペア、だいたい10〜15分産卵すると場所を変えてまた産卵する。
場所は引き潮になると砂浜になる場所。満ちてくると空気をたっぷりと含んだ干潟は、腐敗すること無くタマゴを暖かく包んでくれます。だいたい5〜8週間かけて孵化し、15年ほどかけて産卵できる成体に成長します。
潮が引き潮に変わってもまだまだ産卵は続き、2〜3時間ほどは観察できます。

写真はα7RⅢ+EF8〜15ミリF4で撮りました
暗い夜ですが、ライティングを工夫すると上手く撮ることが出来ます。

5億年近く前から生存したいたようですが、何度かマイナーチェンジを繰り返した現在まで生き残っているようです。
干潟の埋め立てや、環境の悪化によって数を減らしています。これ以上環境が悪化しないことを願っています。

久方ぶりの更新です。

_DSC3166
シン・コロナが流行してから、なんだか愚痴っぽくなって、上手く書けないので滞っていたブログ更新です。僕のシン・コロナの理解はこんなところです

夏にな〜れば、終わるかなと思っていたシン・コロナ禍ですが、ここに来てまた感染者が増えて、なんだかなぁ〜。というカンジになってますね。PCR検査もいまだにたいした数(確か昨日7/16は4700人の検査)をこなすことが出来なくて、4〜5月頃、1日20000件を目指すといっていた。某首相の言葉は嘘だったんですね。

黄熱病の研究で有名な野口英世先生は、黄熱病の細菌を発見しようとアフリカの最前線で情熱を燃やしまし、黄熱病で亡くなりました。が、当時の知見としては無かった、ウイルス。黄熱病は細菌では無くウイルスによって引き起こされるので、野口英世先生の研究は実をむすばなかったのは、残念です。

ウイルスの研究そのものも比較的日が浅く。未知の部分がとても多い学究分野らしいです。ウイルスにはシン・コロナや天然痘のように病理的に影響があるものもありますが、多くのものは生物と共存しているらしいです。

このシン・コロナ ウイルスは、2重螺旋のDNAウイルスででは無く、1重のRNAウイルスです。DNAウイルスに比べ、RNAウイルスはコピーする段階でエラーが起きやすく、変異しやすいのが特徴で、ワクチンを作るのは非常に難しいといわれています。現にRNAウイルスの「SARS」「MERS」はいまだにワクチンは出来ていません。(幸い「SARS」「MERS」は今のところ流行の兆しが無いのは幸いです。)本当にシン・コロナのワクチンが出来るのでしょうか・・?

治療薬も、そもそも、ウイルスは細菌のように生物ではないので、ペニシリンに代表される抗生物質は全く効きません。治療薬と期待されたアビガンは、おおざっぱにいってRNAのコピーを阻害しウイルスの増殖を抑えるわけですが、生物活動の過程でもRNAのコピーは普通にあることなので、それを阻害する薬は当然、催奇形性のようなRNAのコピーが活発な部分で影響があります。そして、治験の結果、シン・コロナには優位な効果はあまりないということらしいです。レムデシビルはかなり効果があるようですが、酸素濃度94%以下と肺の機能が少し衰えてからの投与のようです。

流行当初から言われていた、どうやって感染の拡大を防ぐのか・・?
それにはとにかくPCR検査の充実が必須だとは思いますが、最初の流行から、約半年、何も課題は克服されていないのが明白で暗澹たる気持ちになるだけです。

まぁ、それでも、感染者数は累計約23000人。全人口に対し0.02%、1万に2人ぐらいの割合。軽く見るのはまずいし、夏なると収まると思われていたのが、全く違ったことを考えても、全然判っていないことが多いので、これからどうなるのかなぁ〜。

写真は、α7RⅢ+EF100ミリマクロ(旧型)+ケンコーテレプラス×2で撮りました。
生き物の世界はその時その時で、見たいことがいっぱいあって、楽しいですね〜。




ギャラリー
  • コロナ禍の後は・・・。
  • だんだんと、じわじわと
  • 国会始まりましたね
  • 岐阜も緊急事態宣言・・ですね
  • 柳ヶ瀬は・・・。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
  • TG-6初挑戦。
アーカイブ