_DSC9941
オオタルマワシは、映画エイリアンのモデルらしいけど、昨日、オリジナルのゴジラを久しぶりに見ました。僕が生まれた1954年制作なんで、同時代的に見たわけでは無く、僕が初めて見たのは、大学の頃にゴジラ5本立てのオールナイトで、「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」「ラドン」「モスラ対ゴジラ」「キングコング対ゴジラ」だったと思います。その当時の記憶では、「ゴジラ」は、戦争や原爆(破壊された東京の映像は、被爆地ヒロシマの映像と重なります)への想いがとても強く。究極の破壊兵器「核兵器」への恐怖がにじみ出ていたと思います。最後に志村喬が語る「あのゴジラが最後の一匹とは思えない。もし水爆実験が続けて行われるとしたら、あのゴジラの同類がまた世界のどこかへ現れてくるかもしれない……」というラストが印象的でした。また、芹沢博士が、自分が作った「オキシゲンデストロイヤー」を軍事利用されることを極端に恐れる設定も、「核兵器」を開発した科学者へのアンチテーゼとも感じられます。
一方、シン・ゴジラは、やっぱ、東日本大震災と福島第一原発がバックボーンにあるとは思いますが、限りなくエンターテイメントな現代映画で、過去の東宝特撮映画に対するオマージュみたいなところがあって、東宝特撮映画で子供の頃を過ごした世代としては、ちょっと涙チョチョギレもんなところ満載な感があります。前半の会議シーンなんかは、リアリティを裏打ちしようとするつかみとしては秀逸でした。とりあえず、面白かった。
映画に対しての求めるものが1954年と今ではまるで違っているんで、やっぱ比べても意味が無い気はしますね〜。
写真は、α7R+FE90ミリF2.8で撮りました。タルマワシは、殻無しより、タル持ってる方が燃えますね〜。

ところで、広島カープ、優勝しましたね〜。一方、地元ドラゴンズは、ここ数年低迷が続いてますね〜。今年も途中で監督解任などで、内外でいろんな批判があるみたいです。で、そんな中、一応主力の大島、平田のFA移籍を危ぶむ声があるようですが、どっちもいい選手ではありますが、絶対的な成績を挙げている選手というわけではないので、別にFA移籍してもいいんじゃない。FA移籍は選手の権利なんで、自由に自分の意思で使えばいいと思います。球団の慰留が弱かったからFA移籍する・・とか、誠意が感じられなかったからFA移籍する・・なんて思惑なんか全く馬鹿らしいと思うんですけどね〜。
今年、平田は240で14本。大島は300で盗塁24個。この成績をどう思うかですけどね〜。いずれにしろ、ドラゴンズは根本的にチームを変えるしか無いんですからね〜。20年後の球団100周年に次の黄金期がくればいいんじゃ無い・・その時まで日本があればだけどね。