モノクロ

手作りカメラ試し撮り

_5167750 オークションを見ていたら、65ミリの大判レンズで使えるヘリコイドを見つけたので、アクリルで暗箱を作った即席シノゴカメラがとりあえず写真を撮れるようになりました。ファインダーもなんもなく、ノーファインダー。シノゴの65ミリは35ミリ換算でだいたい18ミリ程度です。で、初めて撮った庭のあじさいの葉っぱです。 45_002 下の方のついている段は、光漏れです。フィルムバックの押さえがまだ完成していないので、引き蓋をひく時にややフィルムバックが浮いて光漏れをしたようです。(そこをなんとかすれば完成ですね。)とりあえずワンカット目としてはOKです。(シノゴやバイテンの超広角は、画角は広いですが、いわゆる広角臭さのない自然で、画角が広い感じで好感が持てますね) フィルムの現像も、バイテンの現像の失敗を受け、無攪拌現像をしてみました。フィルムは320TXP、現像液はエクストール、現像時間は25度の1:1希釈で13分30秒(標準の約1.5倍ぐらい)大きな現ムラは見当たりません。小さなシノゴのフィルムならこれで、現ムラが目立たない現像ができそうです。バイテンもこの無攪拌現像でOKなのか・・・?試して見ないとわかりません。(面積が大きいので何らかの攪拌は必要だと思われますが)

パトローネ

R8090142 近所の写真屋さんでいらないパトローネをもらってきました。このパトローネ、昔は。使い回しができるタイプだったのですが、いつのころからか、カシメが取れないタイプの物に変わりました。この箱いっぱいの中から、カシメが取れる昔ながらのパトローネを発見しました。 R8090143 こんなヤツです。このリールにフィルムをつけて、先日紹介したローダーで巻くわけです。今のタイプのパトローネはこんなふうに分解できないので、パトローネから飛び出たフィルムのキレ端に丁寧にフィルムをつないで、巻くわけです。パトローネもDXタイプなので、入れると自動的に感度設定されますから、トライXを詰める時はできるだけISO400のパトローネを探すとあとあとラクチンかも知れませんね。(増感とかするのなら関係ないですけどね。)さぁ、これからフィルム詰めです。

デイローダー

_mg_9139 モノクロにはやっぱデイローダーです。もともと、35ミリ版のフィルムは、ムービー用の135フィルムをライカさんが短く切って、パトローネに詰めた規格がもとです。(だからライカ判ともいわれますが)ですから、35ミリ版のフィルムはの製作工程は長〜いムービー用のフィルムを作るのと同じ行程なわけです。パトローネに詰め、1本1本パッケージに入れたフィルムは、いまトライだと1本450円くらいです。(モノクロで撮る時のバロメーターは1日20本などといわれることもあるくらいやっぱ沢山撮らないとね)で、そのムービー用のフィルムを長めに切った100フィート巻というフィルムが売っています。昔は、フジのネオパンやカラーネガフィルムなどもありましたが、今では、トライXと一時姿を消し、最近になって復活したイルフォードのフィルムに100フィート巻があります。100フィートで約4500円くらいで、100フィートから約20本の36枚撮りがとれます。フィルムのコストは約半分になる計算です。全暗室があれば、(170〜180センチで36枚撮りの長さなので、)手を一杯に広げフィルムをカットし、パトローネに詰めれば出来上がりですが、これだとすごく大変なので、暗室やダークバックのなかで、100フィート巻を詰め、明るいところで1本ずつ巻くことができるのがこのデイローダーなのです。(昔は、必需品でみんな持っていました。当然僕も持っていたのですが・・)今回新たに導入したのですが・・?昔のヤツと構造が変わっていて、ローダーに100フィート巻を詰めるのにちょっと手順が違います。いらないフィルムを使ってしばらく練習しないと・・・。(フィルムなので、当然手探りなので、見ないでできないといけませんからね)昔のカメラは手動でフィルムをスタート位置まで持って行ったので、微妙な操作加減でやや短めのフィルムでも36枚撮れたので、100フィート巻から21本のフィルムを巻けるヤツがえらかったのですが・・?いまは、オートローダーばっかしなので、そんなテクを使う余裕もありません。カメラも、マニュアルで露出計なしのカメラから、AEになり、AFになり、そんで、デジタルになって、誰でもキレイに撮れるようになりました。写真撮るなんて難しいことでもなんでも無くなり、撮る枚数も全然気にしないでOKな時代です。儀式ばっかり必要な銀塩の世界は、めんどくさいですが、やっぱなかなか楽しい世界です。しかし、それ故、今の時代に何をどう撮るか、ただノスタルジックなだけでは、アカンわけです。

防湿庫からの復活

_mg_9125 知る人ぞ知る、名機「GR-21」です。長年タンスの肥やしでしたが、モノクロ熱の発症ともに復活です。ロケハン用に使ってみようと思っています。ちょっと、試してみたら、ちょうど、フィルムの銘柄見える窓のところのモルトがぐちゃぐちゃになっていました。「GR-21」はまだ、リコーで修理可能なので(キャノンさんあたりは、このくらい古い機種だと修理不能で帰ってきますが、リコーさんは結構長く面倒見てくれます。それでもそろそろ、サポート終了が近づいていると思います。)点検とモルトの交換で修理にだしました。とりあえず異常なしでした。早速トライXを詰めたワケですが・・・、イソガ・・・シ・・・イ・・・・・。それと。、35ミリのリールとタンクはまだ健在なのだろうか・・・?今週の日曜あたりに家捜しですね。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ