カメラ

カメラのはなし

_DSC7620
ソニーがミノルタのカメラ事業の撤退を受けてカメラ部門を買収したのが2006年その後その資産を活かしてαシリーズのカメラを発売しています。当時はキヤノンは5Dを売っていたころで、世の中デジカメに本格的に移行しはじめたころでした。当時のトップランナーは、キヤノンでした。僕も2002年「デジタルでいこう」をはじめたころから、主にキヤノンのカメラを使っていました。当時は、αを使おうなんて微塵も思っていませんでした。しかし、2013年11月。3600万画素のα7Rがでました。当時キヤノンのモデルチェンジのなんか出し惜しみ感にイライラしていた僕は、早速キヤノンのレンズもそのまま使えるα7Rを購入して、キヤノンのレンズもニコノスのレンズも使えるようにハウジングも作っちゃいました。そこから、浮遊でニコノス。アテチョン枠撮りが始まりました。その後、α7シリーズも何度かのモデルチェンジをし、今年は6100万画素のα7RⅣ、秒20コマオーバーのα9Ⅱ、電池も持つようになりバッファも他のメーカー以上に大きくなって随分使い勝手がよくなりました。
その間、キヤノンさんやニコンさんは、手をこまねいて今年やっと高性能ミラーレスを発売しましたが、なかなか売れず大分困っているみたいです。
ユーザーとしてはソニーさんひとり勝ちは困るので、キヤノンさんやニコンさんに頑張ってもらいたいのですが・・、キヤノンさんはムービーEOSの強みをいかして、4K60Pとか4K120P、ムービーRAWの実装とか、ニコンさんはメッチャクチャ頑丈なかつてのFのような壊れないカメラとか、なんかもっとエッジのきいたカメラを作って欲しいよね〜。
普通にいいカメラじゃもうダメ、6100万画素のα7RⅣ、高感度はちょっと弱くなったけど、中庸感度の繊細な描写は相当凄い。キャノンもニコンもキャッシュバックに頼らず頑張ってね〜
写真はα7RⅣ+タムロン28-75ミリF2.8で撮りました。

AFの進化

DSC06394
一眼レフのAFも随分と進化して、最近では速く、そして正確になったらしいですが、ミラーの無い像面でAFを検知するミラーレスは、もひとつAFが遅くてねぇ・・と、ちょっと前までは言っていましたが、何があなた、最近では瞳AFというトコトン眼に特化してAFするという、ミラーレスのAIアルゴリズムがすげぇ進化して、動物の瞳にまでピント合わせくれたりします。主にネコやイヌさん専用らしいのですが・・、お魚でも眼らしきもの合わせてくれるみたいです。AF-Cで広めのAFゾーンでとっても、ズーッと眼らしきあたりにピント合わせ続けるんです。AF合ったで〜マークがチカチカと眼のあたりで光り続けます。連写でとっても結構的中率高いです。しかし、その分電池の消耗は速いし、時々あさってのほうに引っ張られることはありますが、いままで、MFで苦労してたのはなんやったかいなぁ・・と。α7RⅡとα7RⅢのAFを比べるとファームウェアアップデートしたα7RⅢは、AFの精度が3倍ぐらい上がったような気がします。
写真はα7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
α7RⅣは、もっと凄くなったのかなぁ。

条件の悪いときのカメラ任せ

_DSC7412
どうということも無いシジュウカラの写真ですが・・、FE100-400に1.4倍テレコン1/400で開放F8でISOなんと10000!!RAWで現像しても、もうちょいダイナミックレンジの狭い絵しかできないような気がするが、撮って出しJPEGなかなかな解像感でISO10000なノイズ感もまるでないはなぁ。
もう、なんでも写っちゃう!ここまでくると、思想も世界観も生き方もまるで関係なく写っちゃう。そして、写真は溢れかえる!!

望遠レンズ、慣熟運転中

_DSC5642-2
まもなく、春の強化合宿に入りますが、普段は、あんまり使わない望遠レンズを使うので、ここのところ、慣熟運転中。まだ、葉っぱが出ていないこの時期は、小鳥さんを見つけるには絶好の季節です。近所の公園にも、渡りのこの子が今年も来てくれました。通称モンツキドリ、ジョウビタキのオスです。この子は比較的近づけるので、望遠練習にはピッタリです。
写真は、α7Ⅲ+FE100-400ミリF4.5〜F5.6で撮りました。このレンズもですが、最近の望遠レンズは手振れ補正がバッチリ効きますね〜。400ミリで1/160でほぼブレなし・・。遅いSDなので、朝のまだ日が当たってない場所でもISO250で撮れました。羽毛も結構キレイに解像しました。しかし、こんなスズメほどの小鳥が渡ってくるというのは、ちょっと驚きですね。やっぱ、鳥の心肺能力は凄いんですね。

HERO7

gph7_002
手ぶれ補正が凄く良くなったHERO7。ちっさいことはいいことだ・・・ですが。ちっさいから目をつぶらなきゃいけないところも。4Kの60Pで撮れるんで、動画スゲぇなめらかでキレイっすが、キャプチャーするとやっぱ1/2.3型のイメージセンサーはシャープネスがかかりすぎすね〜。静止画はちゃんと写真モードで撮らないと駄目かな・・?しかし、サカナにあんまりプレッシャー掛けずに近寄れるのはいいすね。今回はINONの伸びる棒につけて撮ってみました。ライティングをもうちょい工夫すると、ナイトの時の浮遊には便利かもね〜
写真は、GOPRO HERO7で撮りました。4K60Pの動画からキャプチャーしました。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ