うんちく・小ネタ

コロナ渦・・、続く

_DSC9719
東京も日に日に感染者が増えてきましたが、聞くところによると東京の場合、感染者の検査が少ないので今まででも、多かったんじゃね?という話ですが、東京で約10000万人、首都圏で3000万人超。日本の人口の約1/3が集中している首都圏でこの感染症の患者が今まで少なかったのが、おかしいとは、誰でもおもいますもんね。本田△が普通に暮らしているのは日本ぐらいとツイートされていましたが、北半球の国で今でも、それほど不自由なく暮らせているのは、なかなか希有なことなのかも知れません。

ここからは、私見でなんの根拠も無い話なんで、あれなんですが・・、NHKの「色の起源」の酒の再放送を見ていて、思ったことなんで、ただ読み飛ばしいただければいい話なんですが、お酒は、酔いの快楽とアルコールが分解して体内でできるアセトアルデヒドの害悪(2日酔いとかガンを誘発する)の明と暗があるのですが、人類の進化の中で(あくまで仮説ですが)、ヨーロッパの人にはあまり無い、酒に弱い人類が、東アジアに多いということです。(中国は50%、日本は約40%が酒が弱い人だということです。)稲作の文化の広がりともに酒が弱い人類が増えていったという仮説です。稲作は湿地帯で行われ、そこに人が集まると衛生状態が悪くなり、病原体が増えるのですが、酒の弱い体質の人は、体内でアルコールを分解してできる、毒(アセトアルデヒド)を分解できずその毒が体中にまわるのですが、そのアセトアルデヒドが病原体を攻撃し、病気になるのを防ぐのじゃね・・?だから、稲作が盛んになったところに酒に弱い人類が多いらしいということです。中国でも特に南の方(稲作文化が強いところ)はお酒があまり強くない人が多いらしいです。
よく、僕たちはアルコール消毒といって、お酒を飲むことがありますが、あながち間違ってないのかなぁ・・?まぁ、それを信じるほど能天気ではないですが・・
コロナ予防とは何の関係も無い話で、酒で大丈夫なんてことは無いとは思いますが、「酒は百薬の長」と信じて、飲み過ぎないように、毎日少しづつのもうかな・・?と酔っ払いながら書いています。

写真は、α7RⅣ+FE90ミリF2.8で撮りました。チャガラさんに近寄るんじゃねぇと怒られちゃいました。

女子アメリカ代表帰国!

DSC02757
女子ワールドカップで優勝したアメリカチームが帰国したらしいです。女子の中では圧倒的な走力で世界を制したのは凄かったです。かつて、日本はこのアメリカチームに僅差のPK戦で勝ちを収めたことがありますが、今回の日本代表は、遠くおよばない気がします。しかし、今回のアメリカチームは、凄い!主将のミーガン・ラピノー選手は、ホワイトハウスには行かない!!だってさ、慣例では優勝チームはホワイトハウス招かれ、大統領と握手をするらしいですが、今回の代表チームは、トランプ大統領には会いたくないということらしい。
その意気は素晴らしい
写真はα7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
一方、何処かの国は、総理とお食事するステイタスになるらしい。まことにあさましい

思わぬ落とし穴

_DSF2108
最近、ネットのつながりやサーバーからのダウンロードがエライ時間がかかるようになっていたので、いろいろと対策をしてみました。まずはHDの整理。次いでキャッシュをクリアし、ウイルスチェックを外したりといろいろやって見たのですが、一瞬はよくなるんですが、また遅くなる・・?そろそろコンピュータも寿命かなぁと想いながらイーサケーブルをチェックしたら、家具の下になっている部分で皮膜が破れ中のケーブルが露出していたので、新しいケーブルに変えたら、あらまぁ、サクサクと動くようになりました。思わぬところに落とし穴があったのね。プロバイダ乗り換えようかとおもちゃった。早速スピードチェックをしてみたらウサギ級まで回復していました。
写真は、Xpro2+XF16ミリF1.4で撮りました。

十津川大洪水の頃に

_DSF0639
本宮大社の旧社殿跡。明治22年に十津川大洪水が起きたました。1000人以上が無くなり、3000人あまりが家屋を無くすなど被災し、その中の2600人あまりの人が北海道の空知地方衣住し、新十津川村ができました。その同じ洪水で、熊野川の中州のこの場所たっていた本宮大社も流されてということです。その後も昭和28年にも紀州大水害。記憶に新しい2011年紀伊半島豪雨災害など、時々豪雨による災害が繰り返され、雨の多い場所なんですね。
写真は、Xpro2+XF16ミリF1.4で撮りました。

かつては、ときめきましたが・・瀬戸内海では

_DSC7563
ヘイケガニの仲間のゾエア幼生。・・ネットで親をググってみるとこんなカンジ
https://blogs.yahoo.co.jp/haginohana/37808691.html
やっぱ、カニですね。前にもいったけど親は見たこと無いです。
お腹の中に見える器官は多分足やはさみになる器官が折りたたまれているんでしょうね。先日、カブトムシのツノの秘密が話題になったようですが、体液を流し込むと広がり伸びる構造になっているらしいです。成長に合わせて、遺伝子が操作しているらしいのですが、多分甲殻類もそんな感じなんでしょうね。
写真はα7R+EF-S35ミリF2.8マクロIS+1.4倍テレコンで撮りました。
ちょっと前なら、狂喜乱舞しましたが・・・瀬戸内海ではさしたる珍しい子でも無くなりました
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ