Oshimu

ちょっと、刺激的なタイトルに惹かれ、アマゾンで購入しました。まだ、忙しくて読んでいませんが、オシムの代表について、詳しく解説しているようです。
ジーコさんの前の監督の時は、やれ、采配がとか、選考がとか、性格がとか、いろいろ云われ、節目ごとに様々なプレッシャーが外野から起き、その都度、あの監督は、結果を出し、日韓のW.CUPの指揮をとりましたが、最後には、俊輔を落とすという愚行に出て、ベスト16止まりでした。次の4年間は、強権を持った、会長のもと、大物ジーコさんで、なんの批判もなく、普通に考えて、通って当たり前のアジア予選をさも、苦しい戦いかのように喧伝し、ヨーロッパや南米とのアウェイの強化は不十分でしたが、アジアでこんだけ強いんやから、ベスト16なんて軽い軽いとドイツに望み、あえなく砕け散りましたが、2点をとって、フランスの時よりは、選手が進化したことは教えてくれました。(が、チームとしては、コンディショニングの失敗をはじめ、猛省することは、多いと思います。)

で、これからの4年ですが、ガラリと変わった代表の試合に観客が入らんとか、名前の知らん選手ばっかりでつまらんとか、あげくは「巻は下手なんちゃう」とかいうエライさんの声まであがり始めました。で、そのタイミングで、このタイトルです。買わんわけにはいきません。(爆)実際、オシムさんの監督の代表チーム(テレビでしか見たことがありませんが)のことをどう評価しているのかも興味がありますしね。

まま、やっぱタイトルはというか、キャッチは大事ということかも・・・?