ニュース

コロナ渦・・、続く

_DSC9719
東京も日に日に感染者が増えてきましたが、聞くところによると東京の場合、感染者の検査が少ないので今まででも、多かったんじゃね?という話ですが、東京で約10000万人、首都圏で3000万人超。日本の人口の約1/3が集中している首都圏でこの感染症の患者が今まで少なかったのが、おかしいとは、誰でもおもいますもんね。本田△が普通に暮らしているのは日本ぐらいとツイートされていましたが、北半球の国で今でも、それほど不自由なく暮らせているのは、なかなか希有なことなのかも知れません。

ここからは、私見でなんの根拠も無い話なんで、あれなんですが・・、NHKの「色の起源」の酒の再放送を見ていて、思ったことなんで、ただ読み飛ばしいただければいい話なんですが、お酒は、酔いの快楽とアルコールが分解して体内でできるアセトアルデヒドの害悪(2日酔いとかガンを誘発する)の明と暗があるのですが、人類の進化の中で(あくまで仮説ですが)、ヨーロッパの人にはあまり無い、酒に弱い人類が、東アジアに多いということです。(中国は50%、日本は約40%が酒が弱い人だということです。)稲作の文化の広がりともに酒が弱い人類が増えていったという仮説です。稲作は湿地帯で行われ、そこに人が集まると衛生状態が悪くなり、病原体が増えるのですが、酒の弱い体質の人は、体内でアルコールを分解してできる、毒(アセトアルデヒド)を分解できずその毒が体中にまわるのですが、そのアセトアルデヒドが病原体を攻撃し、病気になるのを防ぐのじゃね・・?だから、稲作が盛んになったところに酒に弱い人類が多いらしいということです。中国でも特に南の方(稲作文化が強いところ)はお酒があまり強くない人が多いらしいです。
よく、僕たちはアルコール消毒といって、お酒を飲むことがありますが、あながち間違ってないのかなぁ・・?まぁ、それを信じるほど能天気ではないですが・・
コロナ予防とは何の関係も無い話で、酒で大丈夫なんてことは無いとは思いますが、「酒は百薬の長」と信じて、飲み過ぎないように、毎日少しづつのもうかな・・?と酔っ払いながら書いています。

写真は、α7RⅣ+FE90ミリF2.8で撮りました。チャガラさんに近寄るんじゃねぇと怒られちゃいました。

パニックなのかなぁ。

DSC05821_1
ゆうたら、不謹慎と思われそうですが、COVID-19って騒ぎすぎじゃね。インフルエンザと比べてどう違うのか、僕にはやっぱりよく理解できません。
まぁ、昔の新型インフルエンザやSARSの流行の時の経験を元に、新しいウイルスに対しての備えが全くなかったので、今回のCOVID-19の検査態勢が整うのが遅れてしまったのが残念ですよね。
いずれにしろ、我が家は、ほぼ自宅で仕事しているし、お客も皆無だし、出掛けるところは、だいたい車で海ばっかりだし。のんびりしたものです。

写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
浮遊撮影で、レンズを何にするのかいろいろと試行錯誤してきましたが、今回、タムロンの20ミリ1/2マクロ導入で大分固まってきたかなぁという感じです。後は、タムロンの20ミリ1/2マクロのライティングをもう少し試行錯誤する必要があるかなぁ〜

ちょっと、恐ろしい台風21号

_DSC3719
若い人には何のことやとは思いますが、昭和34年に9月に襲来した台風14号、後に伊勢湾台風とよばれる未曾有の大厄災をもたらした台風です。僕は当時5歳に満たないガキではありましたが、停電した部屋のスミで不安な夜を過ごしたことは覚えています。名古屋は熱田神宮より南は高潮の影響で水に浸かり、5,000人以上(阪神大震災に匹敵するほど)の死者をかぞえました。
そんな台風とここまでの予想だと同じようなコースを辿ってきそうです。そうとうビビっています。
写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8マクロで撮りました。
潮はすっかり引きましたが、タマゴを守って居るロウソクギンポの♂。ときおり周りにある海水に口をつけて、一息ついています。ちょっと、ロウソクさんの動きを読み切れすちょっとあとピンになったしまいました。(T_T)

一日たって、冷静になって考えてみても

_DSC0581
どう考えても、悪手やなぁとしかおもえない今回のハリルホジッチさんの解任。実際、冷静に考えて今回のワールドカップの対戦相手は、普通にやったら、当たって砕けたブラジルの時と同じで、3戦全敗が関の山やろと思います。そこを前提に弱い日本がいかにジャンアントキリングを達成できるかを考えていろいろなピースをぎりぎりまで試して本大会に臨み、いかに、薄い勝利への希望をたぐり寄せることができるのかできないのか・・?どうするか予想のつかない妙手がはたしてあるのか・・?ハリルホジッチ監督が本当にそんな手を持っているのかわかりませんが、少なくともどんなチームでロシア大会に臨むのかは、すげぇ興味がありました。少なくとも誰も知らないアルジェリア代表をブラジル大会で決勝トーナメントに導いた実績はあります。どんな手を打ってくるのか楽しみでもありました。
しかし、それをこの後におよんで、選手との信頼関係が薄らいだということを理由に解任するなんて、理由にもなんにもならないでしょ。(ハリルホジッチさんは、あんまり好きでは無いタイプの監督ではありましたが)
で、サッカー協会の内部昇格でちゃんちゃんって、それも技術強化委員長でっせ、代表監督を支えるのが仕事のひとでっせ、選手との信頼関係を取り戻させるのが仕事じゃないの・・!!
勝つことが1パーセントでも2パーセントでも増えるなら・・・って、まぁあかんですわ。
マイアミの奇跡といっても、ブラジルにたまたま勝っただけ、後は2連敗で決勝トーナメントには進めなかった監督でっせ。
まぁ、最近は、代表にたいして、昔ほど熱くなることも無くなりましたが・・。今回は解任劇は、まぁあかん。ロシア大会の代表に試合は生では絶対に見ません。大会中はアルビセレステスの試合だけ見ることにするかな・・
写真はα7RⅡ+EF8-15ミリF4で撮りました。

今朝は、久しぶりの雨だった

_DSF1912
鈴木清順監督が亡くなりました。初めて見たのは、大阪の新世界のいわゆる2番館で見た「けんかえれじい」高橋英樹と浅野順子の障子越しのふれあいに、当時は純情な若者だった僕は、いたく感動したものです。その後、いろいろあって、学生の間では相当に人気があって、オールナイトの映画祭が各地で開かれ、「肉体の門」「東京流れ者」などが思い出に残っています。
写真は、X-Pro2+XF100-400ミリF4.5〜F5.6@100で撮りました。昨日の朝のあさやけはキレイやった。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ