_DSC0516
今回の沖縄でもいろいろな放散虫の仲間に出会いました。
前回の有孔虫や放散虫の仲間は、一番小さな動物プランクトン仲間で、我々人類の文明社会の基となった生き物でもあります。彼らの死骸が億万年の地球の営みの中、文明社会の礎といえる、火打ち石になる地層、チャートの基であり、また、石油の基となった生き物です。
放散虫はガラス骨格を持った、単細胞または群体の生き物で、様々な形があり、植物プランクトンや小型の甲殻類を食べているようです。
浮遊しないと生きている放散虫を観察することはできないので、この2〜10ミリ程度の微細な生き物を観察するのも浮遊ダイビングの楽しみのひとつでもあります。
_DSC0481
ウミノミの仲間が着いていますが、食べられているのかも・・?
_DSC4719
小型のエビが着いていることもあります。
_DSC4700

_DSC2987

_DSC4076
この子は、長く触手を伸ばしています。この子たちは、捕まえても2〜3時間ほどで触手は溶けて、ただの丸い物体に変化してしまいます。
_DSC3700

_DSC3906_02
この子は、お初な子でした。なんかカッコイイです。
いずれにしろとても微細な生き物なんで、肉眼で見るというより、写真で撮って、後から拡大して一人悦にいる・・、といったおタク的な楽しみでもあります。まぁ、よい子にはわかったもらえないかもね〜

写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで等倍で撮って2倍ほどにトリミングしています。