_DSC5094
カブトガニの幼体を見たいなぁと干潟を歩いてみました。見つからないので、何回かトライしたら・・魔の底なし沼状態に。足が抜けなくなって、バディさんに助けてもらって、30分ほどかけて脱出。久しぶりにドロドロになってしまいました。
写真は、カブトガニのタマゴ、タマゴの中の子と孵化したばっかりのお子様。間には、まだ成長途中のタマゴもありました。