2020年01月

ソコカクレウオの仲間

_DSC8950
このカクレウオの仲間は初めて見ました。成魚はナマコの内臓に暮らすといわれていますが、あんまりよくわかっていないのかなぁという感じです。ググって見るとソコカクレウオは日本固有種という記述もありましたが、結構珍しい種だと思います。特にこの子は軍旗がメッチャながくてワイドで撮ったのが
_DSC5833
まぁ、長くて撮りにくいんで、しょぼい写りですが、体の3倍はありそうですね
からだ全体はこんなカンジです
_DSC8968
外腸もあって、なかなかなフォルムです。最近、アカマンボウ系の深海魚って普通種のように出まくっているんで、ソコカクレウオのように地味な珍しい子がめっちゃうれしかったりします。(とはいえ、アカマンボウ系の深海魚ももっと見たいけどね〜)
写真はα7RⅣ+FE50ミリF2.8で撮りました。50ミリは、サカナに近づく分、ちょっとだけ写りがいいかもね。




これは、なんのもやもや・・?

_DSC7170
多分クリイロカメガイだと思うのですが、なんかモヤモヤしたものをまとって、泳いでいました。なんかよくわからないので、写真で撮って確認しようかなと思ってましたが、いろいろ撮ってたんで忘れてましたが、現像してて思い出しましたが・・、なんなんでしょうね。トリミングカット
_DSC7170_02
あんまりなんかわからないけど・・ちょっと、ワクワクします。他のカットも
_DSC7177

_DSC7173
やっぱ、カメガイから出てるみたいにみえるけど、たんにウンコなのかな・・?
まぁ、いろいろ浮かんでいると、楽しい見たこと無いものに出会えるのがとっても楽しい。でもって、最近はSNSのおかげで、わかるきっかけができたりするんで、それも、なかなかいいね。
写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで撮りました


アオイガイの♀と♂

_DSC7405
憧れの生物、アオイガイ。ここ20年ほどは南紀で潜っていた僕に撮って、貝を持った浮遊性のたこ、アオイガイやタコブネは、ほんま憧れでした。大瀬でも時々はでるけど、なかなかみることがないタコブネに年末は3貝(もとい回)ほど会うことができました。タコブネのメスは、ロートからのジェット噴射でよー泳ぎます。なかなか追いつくのが大変なんですが、この子はまだちっさい子だったので、それほど速くはなく、なんとか上手く撮れました。で、一息ついていると、こんどは、未成熟なオスも登場しました
_DSC7446
オスは、クラゲに載っていることが多いのですが、ムラサキダコの幼体といい浮遊性のタコはなんで、大嫌いな刺胞細胞を持つクラゲに頼っているのは、ちょっと不思議な気がしますが、クラゲにちょこんと載っている姿はとってもラブリーです。
こうなると野望はつきず、昼間の青い海で、おおきなアオイガイやまだ見ぬタコブネにお会いしたなぁと思ったりしていいます。
写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで撮りました。浮遊の90ミリは、微妙な焦点距離で、小さめの子にはある程度距離がとれるし、いいのですが、ちょっと大きな子やライティングには結構苦労します。1/2倍で40センチ弱水中だと50センチちょっと、で、バックライト使おうと思うと70センチぐらいアームを前に突き出さないとあかんのよねぇ。で、ニコンの60ミリがうらやましかったりします。でも、最近、αのAFも劇的に進化して遅ーいFE50ミリもなんとか使えるかなぁぐらいにはなってきました。でも、先日も書いたけどタムロンさんインナーフォーカスの60ミリマクロ欲しいなぁ。


ハナビラウオの仲間

_DSC5736
たいがい、クラゲについているハナビラウオの仲間ですが、近づくとクラゲの影に隠れたり、クラゲを離れて中層を泳ぎ去ったりします。で、泳いでいるときは後ろ姿しか撮れないことが多いのですが・・、この子はまわってくれたので、前から撮ることができました。
_DSC5741
結構腹びれが横に長いんですね。はじめて認識しました。やっぱ、浮遊対応してるんですね。ハナビラウオの仲間はエボシダイ科のサカナで、ググって見ると成魚は刺身でも食べることができるらしいですね。
_DSC5743
正面から見ると結構美しいフォルムですね〜。しらんだった。この子は、背中にウミノミが着いてるんで嫌がってクネクネして他のかな・・?
成魚を一度見てみたいなぁ
写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで撮りました。

バックライトの効果

_DSC6883
これは、トウガタイカの幼体ですが、たまたま向こうにいた人のストロボに、こっちのストロボが反射していい感じのバックライトになって、イカの輪郭や中の器官よ〜くわかるように写りました。イカにしても幼魚にしても輪郭を強く出そうとしてストロボを強めにすると目が飛んじゃうし、ゴミも写りやすくなるんで、バックからのライティングがあるといいのよね〜。
写真はα7RⅣ+EF8-15ミリF4+×1.4テレコンで撮りました。
他にもトウガタイカの写真
_DSC6815
ゴミの写りが嫌なんでアンダー気味に撮ったけど、やりすぎてノイズがいっぱいになったカット
_DSC6816
まぁ、WEBじゃわからんけどね。ソニーのαはダイナミックレンジオプティマイザーという機能があって、白飛びや黒つぶれを抑える機能があるんやけど、それをオンにしていると、アンダーでも適正に見えるようなプレビューが(RAW+JPEGの時)出てきます。時々それにだまされて、メッチャアンダー続出ということもままあります。




ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ