2018年12月

年末掃除も終了!

_DSC8229
あしたから、年末寒波がやってくるみたいですが・・雪は大丈夫かな・・。
今年は、いろいろあってなかなか大変だった、世の中でしたが、来年はどうなるのか・・?

写真は、α7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。放散虫の仲間ですが、左側にちっさな放散虫がいます。たまたま、こんな風にうかんでいたのか・・?はたまた、生まれた瞬間なのか・・?大きな方の角の左下が膨らんでいるのも気になりますね〜。しかし、左側の子は肉眼では見えそうにもないなぁ。

それでは、みなさま良いお年を・・

年末繁忙期やっと脱出

_DSC5271
世の中、クリスマスで浮かれていますが・・、なかなか忙しかった先週からやっと脱出かな・・お掃除もはじめ、年納めモードですかね。年末強化合宿に向けて、準備モードの今週ですね。
写真は、α7RⅢ+FE50ミリF2.8で撮りました。ストロボをS330にして、ストロボの光量調節がイマイチしっくりきてなかったんで、お勉強し直しました。

ガラスエビ

_DSC4542
通称ガラスエビと呼ばれる、イセエビのプエルルス幼生です。めっちゃカッコイイです。
イセエビはタマゴから孵るとフィロゾーマ幼生期を外洋で約300日ほど、30回ほど脱皮してこのプエルルス幼生になるらしいのですが、ビックリすることにこのプエルルス幼生期には一時的に消化器官や大顎が退化して、ないらしいです。フィロゾーマ期に蓄えた栄養で外洋から岩礁域に泳いで、着底すると消化器官や大顎も復活し、親エビ(イセエビに)変態するということです。多分食べ物が浮遊期と着底してからでは変わってしまうので、いったん消化器官を作り直すというのはほんま凄いですね。
_DSC4537
横からの画像です。ガシガシ力強く泳いでました。
写真は、α7RⅢ+FE50ミリマクロF2.8で撮りました。

師走は、深海幼魚フェアが続いてるみたいですが

_DSC1093_02
ちょっと、風邪気味の今日この頃、久しぶりに風邪薬なるものを飲んだら、蕁麻疹が出てしまった。カニ由来のキトサンかタコエキスでも入っていたんやろか・・?
まぁ、それはさておき、先日伊豆でウキウキしたときの放散虫コレクション。にゃかにゃかちっさいんで、ピントが難しいけど、だいたい7種類ほどゲット。多分、今まで撮ったことあるヤツが多かったけど、左上のコは、初めてかな・・?ダイビングを始めた20数年前には。想像もつかないものを撮ってるなぁ・・と、ひとり悦にいっております。だいたい同じ倍率で撮って居るんで、サイズの比較もやりやすいです。しかし、この生き物、ガラス骨格がキレイなんで、そんな骨格を顕微鏡で撮った放散虫カレンダーなるもんが密かに売っているらしい。な〜んも出ないウキウキでも放散虫はいっぱいいるんで飽きないよ〜。
写真はα7RⅢ+FE90ミリF2.8で撮りました。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ