2017年06月

大潮のサンゴ

sango001
初夏、闇夜の大潮と冬、真夜中の大潮の頃、串本ではマイナス干潮になり、ここ数年沢山増えた、スギノキが水面から顔を出します。串本の海中公園は、サンゴエリアの沖に岩礁帯があるので、大きな波を消してくれるので、台風の波から守ってくれているので、見事なサンゴエリアになっています。
サンゴもさすがに水面から顔を出すのは、ツラいらしく粘液を分泌し、ちょっとだけサンゴ臭いニオイが立ちこめます。この前後に日に産卵もありました。
写真は、ファントム4Proで4K60Pで撮影したものをキャプチャーしました。

潮間帯に暮らすロウソクギンポ

_DSC9130
純粋にダイビングの写真というよりは、陸撮影なのですが、大潮の干潮には、ロウソクギンポの住処は、完全に陸上に出ます。タマゴを守って居る♂は、長い子だと3〜4時間ぐらいは干上がっています。タマゴが乾かないように世話をしています。(中には放棄して水の中にいる子もいますが)ロウソクギンポの巣穴の奥には多分海水がたまっているし、彼らは皮膚呼吸もできるような気がするのですが、何もこんな過酷な環境に住まなくてもいいような気がしますが・・すごい、環境適応だと思います。
写真は、α7RⅡ+FE100ミリF2.8で撮りました。写真にすると水中なのか、陸上なのかイマイチわかりにくい写真にしかならないのが残念やな・・・?もう少し水が上がってきてギリに水面がわかるように撮ればよかったかな・・・

う〜ん、微妙なスナビクニン・・

_DSC9057
ナイトのスナビクニンさんは、パッチリお目々なはずだけど・・微妙やなぁ・・。この子は、ライト眩しかったのかな・・?メカブの中でなかなかストロボが上手く当たらなかったのでしつこくライト当ててたからかなぁ・・?残念!!
写真は、α7RⅡ+FE90ミリF2.8で撮りました。こんな時は、Z240より小さめなストロボのほうがいいのかな・・?

夜のダンゴは、心なしかおめめパッチリ・・?

_DSC9002
この時期のダンゴ様は深海へ旅立つ直前なのですが、ナイトでライトに集まってくるアミを一心不乱にパクパクしています。まぁ、気のせいなんですけど、こころなしか、ナイトのダンゴ様は、目を見開いてように思います。(昼間はあんまり見たこと無いけどね)また、冬に戻ってきてね〜、待ってるよ。
写真は、α7RⅡ+FE90ミリF2.8で撮りました。メカブのおかげで、右側のストロボがもひとつ上手く当たらなかったかな・・

夕方の滑川港

DJI_0017
夕方近くの光って、やっぱドラマティックすね。陰影がはっきりするんで空撮には向いてますね。この日はちょっと強めの風がふいていて、風速計でみると最高8メートルぐらいの風でした。今までならどうしようかなぁ・・?という風でしたが、思い切って飛ばしてみました。やっぱ、ちょっと流され気味ではありますが、それほどパニクるほどではありませんでした。が、このくらいの風が限界かな・・というカンジです。
写真は、ファントム4Proで撮りました。
ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ