2016年09月

α99Ⅱ

_DSC0230
α7RⅡと同じセンサーを使った。一眼レフタイプのα99Ⅱが出ましたね〜。ソニーの場合、一眼レフタイプといっても、ハーフミラーで、ファインダーはEVFなんで、α7タイプとどこがちゃうねんという気がしないでも無いのですが・・、AFと連写は、全然違いまっせといったところなんでしょうね。秒12コマがホンマニいるかはどうかとして、RAWで50コマぐらいのバッファがあるみたいなんで、そこそこ使えそうですね。このカメラが今となってどの位指示を受けるかは分かりませんが、ソニー的にはAマウントのカメラはやめないですよというアピールが必要なんでしょうね。
写真は、α7R+FE90ミリF2.8で撮りました。
ナイトで見たテンジクダイ科の幼魚だと思います。大きな胸ビレがキュートですね。

広角レンズの最短撮影距離

_DSC9460
最近出る、超広角レンズってどれもこれも最短撮影距離が30〜25センチぐらいばっかり。まぁ、中にはなが〜い鏡胴だからねってレンズもあるようですが・・・?広角好きの僕としては20センチ、できれば15センチぐらいまで近づけると凄くいいのにと思っています。で、どれもこれも触手が伸びません。フォクトレンダーのFE10ミリ・・凄くいいのですが。最短が30センチなのがね〜。最短短くすると、絵に破綻がおきるのと、近づき過ぎて前玉を傷つけないようにという配慮なんでしょうねぇ。
写真は、α7R+FE90ミリF2.8+UCL-165で撮りました。シムランスの♂です。この時はちょっとウネリがあって、めっちゃ撮りにくかったです。拡大率が大きいので、ちょっとぶれちゃいました。しかし、フォトショップのブレの軽減でなんとか修正できました。この「ブレの軽減」ものによってはノイズが酷くなったりするんで、どの時点で懸けるかが、キモになります。

遠征の帰りは池のような海でした

_DSF5851-2
小笠原で、ケータ泊まり遠征の2日間は、大平洋の真ん中とは思えない凪でした。出発した頃は、すこしウネリがありましたが、時間がたつにつれ、ウネリもなくなり、翌日には鏡のような水面になりました。小笠原ではなかなか無い凪の一日となりました。
_DSF5861
カツオドリが水面に写っていました。
写真は、X-T1+XF50-140ミリF2.8で撮りました。
ところで、X-Pro2以降、センサーが変わったこともあって、ちょっとホワイトバランスのアルゴリズム変わって、随分と良くなりました。先日、ミックス光の室内で、α7RⅡと両方で撮ることがあったんですが、X-Pro2の方が随分と自然な発色でちょっとビックリしました。
X-Pro2のビデオもなかなかキレがあって自然な発色でいいのですが、ちょっとだけピントが揺れる時があるのがザンネンです。11月にAF関連のファームウェアのアップデートがあるんで、ちょっと期待しています。

クローズアップレンズについて考える

_DSC9413
小さなものを大きく撮りたいという欲求はありますが・・、あんまり倍率が大きすぎても難しいです。で、水中の場合の理想のクローズアップレンズは倍率は2倍くらいで、ワーキングディスタンスが可変できるようなのはできないのかなぁ・・とちょっと夢想しちゃいました。
それをいったら、50-150ミリぐらいで50ミリで等倍ができて、そのままズームできるようなレンズのほうがいいか。しかし、そんなマニアックなレンズ今ではどっこも作ってくれんしなぁ。(昔はニコンにズームマクロレンズあったけどなぁ)
いずれにしろ、水中でレンズ交換できないので、基本コンサバに落ち着いちゃうよね。まぁ、それだけ狙いというダイビングもありますが・・。なかなかねぇ
写真は、α7R+FE90ミリF2.8で撮りました。で、めっちゃトリミング。パンダちゃんのタマゴです。

クローズアップレンズ

_DSC9435_02
まぁ、あんまりクローズアップもなんやけどと思うし、拡大すると深度がねぇ・・・、とは、思いますが、ジャパピグやらシムランスのように小っさい子は、クローズアップ使わないとちょっとねぇ・・なんです。が、最近はやりのSMC-1・・。キレキレのクローズアップレンズなんですが・・いかんせん重いです。で、最近はやっぱイノンのUCL-165の方をよく使います。キレは甘いですけど、ピンの外れるところがボンヤリして良かったりする気もします。
写真は、α7R+FE90ミリF2.8+UCL-165で撮りました。
ジャパピグ・・、まだ、和名つかないんですね。ミツギ君は「こたつ」がいいっていってますが、どう決まるのかなぁ
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ