2015年09月

シムランス〜

_DSC7186
小笠原に行くと、1回は会いたい子です。カラーバージョンのいろいろありますが、今回のこの子はキレイやったなぁ。まぁ、しかし、こんだけ同化している子をよく見つけるよね〜。ガイド様の眼力に頭が下がります。
よ〜くみるとタマゴをもってはります。まぁ、普通、小笠原へいかはる、ダイバーには目に入らないかも・・?ですね。
写真は、α7R+FE90ミリマクロで撮りました。α7Rで撮るようになって、一番気になるのは、手ぶれです、高画素になったので等倍で見ると手ぶれが気になります。この写真も、等倍に拡大するとちょっとだけブレが気になります。(等倍にクローズアップを噛ませているんでしかたが無いといえばしかたがないのですが・・)おまけにα7R、シャッターショックも大きいのでぶれやすいカメラです、そんな反省にたって、α7RⅡは、ぶれにくい電子先幕シャッターに、5軸手ぶれ補正を搭載したんだろうなぁと思います。
α7は電子先幕シャッターがついているのに、なんでα7Rに電子先幕シャッターがついていないのかはよくわかりませんが、おかげで、α7Rはミラーレスのくせにミラーのついてるカメラよりタイムラグがメチャ大きいというありがたくないことになっちいました。ちなみにα7のタイムラグは非常に短いです。
まぁ、この程度の手ぶれはフォトショップの手ぶれ補正でバッチリ修正できるんで、もんだいないですがね・・・あははははっ!!
キヤノンさんの5Dsも、シャッターやミラーまわりに、ものすごく神経使ってブレが少ないようにチューニングしてはります。

段々と、空気が乾いてきました

_DSC9897
何となく、湿気がいっぱいあって遠くが霞む夏が終わって、空気が乾燥して遠くがよく見える季節になってきました。今日は、今まで霞みがちだった名古屋駅にツインタワーもキレイに見えました。
秋晴れな朝でした
写真は、α7RⅡ+コシナ、コンタックスプラナー50ミリF2.0マクロで撮りました。
α7RⅡ、4Kが撮れて、720ですが120Pも撮れて、高感度もなかなかいけて、いろいろとてんこ盛りをそつなくパッケージしたカメラです。が、出てきた写真を見て、なんかα7Rの時の「おっ!!」ちゅうのがないカンジがするんですよね〜。まぁ、カメラ的にはそつなく進化しているのですが・・?α7RⅡ、4200万画素ですが、α7Rも3600万画素なんでやっぱ、そんな変わらんということなんでしょうねぇ。

器材ネタ

カメラがひとつ不調になったので、新しいのを新調しました。いろいろ迷ったのですが・・α7RⅡに落ち着きました。とりあえず、いろいろテストしているのですが・・・?α7Rよりは圧倒的にタイムラグが少なくなり、先幕電子シャッター&手ぶれ補正で手ぶれも少なくなりました。
CMOSが新しくなったのですが、色の雰囲気はα7Rとも、大きくは変わっていないかな・・?
一番ビックリしたのは高感度の描写が低感度の時と大きく崩れないことでした。
_200-2
ISO200
_800-2

ISO800
_3200-2
ISO3200

レンズはFE28ミリF2の開放で取りました。ISO3200はちょっとオーバーになりましたが。現像ソフトで露出を合わせています。確かにISO3200はノイズが若干多いですがハイライトも破綻ないし、コントラストが少し上がりますが、比べて見ないとよくわからん程です。
因みに全体だと
_200-1
ISO200
_800-1
ISO800
_3200-1
ISO3200
webのこの大きさだと、もう明確な違いは、あんまりわからないですね。
写真は、α7RⅡ+FE28ミリF2で撮りました。
ところで、α7RⅡ、電池がちょっと容量がちっさいよね〜。1700mAじゃ無くて2500mAぐらいの電池だともっといいなぁと思うのですが・・ソニー的には小さいことはいいことだなんで、しかたがないか・・?水中の場合は、微妙なんですけどね〜。100分程なら、だいたい大丈夫かな・・・?ビデオ中心だとやや心許ないかも・・。






群れの形 その3

_SDI8479
サカナかなんかが突っ込んで群れが割れるときは、ヤツらも必死なんで目茶苦茶スピードがあって、なかなか上手く撮れません。ダイバーが群れの中に突っ込むのは、うにゃ〜と割れるので、結構カッコイイカットが撮れたりします。
写真は、SD1Merrill+シグマ10ミリF2.8で撮りました。
SD1Merrillさんの場合7コマ連写すると2分待たなきゃいけなくなるほど、バッファが小さいので(ファイルがデカすぎともいえます)いつシャッ ター押すかが、悩ましく。フィルムカメラのように良ーく動きを見ながらちょっとだけ先回りしてシャッター押す必要があります。

群れの形 その2

_SDI8331
群れの形、その2です。グルグル、ミズンさん。この浅い場所で集まるのは、1年のウチでこの時期だけらしいです。多分産卵行動なんだろうとおもうのですが。ズーッとこの場所にいるのはリスキーなんで、夜になると、深いところへいくらしい。
時々、父島の湾内にも、でるらしい。それを、アミですくって食べると美味しいらしいです。そんな話を聞くと、ますます、いとおしくなります。
写真は、SD1Merrill+シグマ10ミリF2.8で撮りました。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ