2015年03月

小笠原で会った生き物その7

_DSC3456

今回は、オオタルマワシの仲間にいっぱいあいました。特に潮が変わった後半に多かったです。キャノピーにはいったものや、キャノピーの無いヤツなどいろいろでした。この時期は繁殖の時期なのかタマゴや幼体を持った子も多かったです。この写真の子は、まだ身体の中にタマゴがあるみたいです。しかし、こんな表層を漂いながらどうやってお相手を見つけるのかは不思議ではありますが、ナイトで集まってきたりするので以外に遊泳力はあるのかもしれませんね。
それにしても、何度見ても変わった生き物ですね。今回、久方ぶりに浮かんで撮ったのですが・・?ちょっとウデ落ちたかも、残念な写真もおおかったぁ、ちょっといろいろ考えて、来る春のシーズンに備えます。

小笠原であった生き物

_DSC2899
アザミサンゴに住むチンヨウジさん。ニョロニョロとポリプの中を・・動きます。サンゴのポリプが開いているとほぼ何処にいるかは判りません。ちょっとだけポリプに閉じてもらうと判ります。でも写真を撮るときは、ちょっとだけポリプが開いているとキレイですが・・?開きすぎるとまた何処にいるか判らなくなっちゃいます。その加減がなかなかムズイです。まぁ一度見つけてしまうとずっとそこに住んでいるのでラクチンなんですよねぇ。
写真は、α7R+EF100ミリF2.8ISで撮りました。西表あたりにもいるらしいですが、向こうのサンゴは大きなのが多いので見つけるの至難なようですね。

小笠原であった生き物その5

_3132988_DxO

この時期一番会いたい生き物がやっぱ、ザトウクジラです。とにかく圧倒的な存在感です。この子は、イルカと泳いでいるときに様子を見に来てくれたまだ、若い個体です。一度息継ぎをして踊るように海に中へ消えていきました。クジラを水中で見ると大げさにいうとちょっと人生観変わるというか・・、とにかくその圧倒的存在感に地球的な感動を覚えます。時間にすればほんの数秒ですが、永遠の時を漂うかのような不思議な時間をクジラと共有するようなカンジです。まぁ、クジラにとっては変なヤツなんでしょうが・・?ともかくも、なかなか会えない水中クジラを見ることができてよかったです。
写真は、E-M5+パナソニック8ミリF3.5で撮りました。画像的にはもう少し大きな素子のカメラを使いたいなぁと思ったりしますが・・・取り回しやら被写界深度やらいろいろ考えるとM4/3というフォーマットはなかなか使いよかったりします。

小笠原で出会った生き物その4

_DSC2941
今回の小笠原のテーマは、季節柄、ザトウクジラを見ることと浮遊する生き物をいっぱい見ることでした。3月4日から16日まで、荒れて1日休みましたが、ダイビング毎に安全停止約30分程・・・合計60分オーバー(18度の海で長すぎ)流れていました。その時の潮でめぼしい物はなんもいなかったり、次から次へといろいろ出たりと様々ですが・・・、その中で出会った小魚・・・、体長1センチ無いほどのまだ、卵の名残のある幼魚・・・。同定してもらっったら、ウバウオの仲間のお子様らしい・・。お互いに浮かびながら苦労しながらフレームの中に魚が浮かび上がった時は、ちょっと不思議な達成感に満ちます。
小笠原のような外洋の海でもこうして様々な目に見えないような幼魚や甲殻類、貝類など様々な命に満ちあふれている。・・、時々、流れてみるのも楽しいものです。
写真は、α7R+EF100ミリF2.8ISで撮りました。昔から浮遊する生き物には、興味がなかったわけではありませんが、フィルムの頃はまず、撮ろうなんて思わなかったし、フィルムが余ったときに挑戦したりもしましたが、たいていはボケボケだったし、デジタルな時代になって、フィルムよりカッチリ写る高画素なカメラのおかげもあって、こんな生き物を追ってみようという気分になったような気がします。

小笠原であった生き物 その3

_3132876_DxO
小笠原に行くと、冬でも夏でも一年中、イルカにいっぱい会えます。ミナミバンドウ・・、この子たちが一番遊んでくれます。そして、小型のハシナガイルカ、この子たちは臆病なんでなかなか一緒に泳いでくれませんが、昔よりは一緒に泳いでくれるようになりました。ハシナガ君達はなんといってもとってもアクティブでスイッチが入るとジャンプしまくりなのがうれしいです。そして、沖合にいるマダライルカ。この子たちとは一緒に泳いだことはないですが、とてもキレイなイルカです。
今回は、初日にスクーバ中に一度見たきりでなかなか会えませんでしたが、旅も終わりの頃に、バンドウさんの大きな群れに出会うことができました。イルカは、実のところいっぱいイカや小魚を食べるので、食料的にいうと人間とは競争関係にあるのですが、この子たちと一緒に泳ぐととても幸せな気分になるのは、なんでなんでしょうね。特にバンドウイルカは人間に興味を持って近づいてくれるのでなおさらです。
写真はE-M5+パナソニック8ミリF3.5で撮りました。このカメラ、もう3年ほど使っていますが、イルカさんと泳ぐには小型でハイライトもよく粘るのでなかなかいいです。
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ