2013年03月

クラゲ祭&ビッグサプライズ

_j5g8964
昨日は、串本ダイビングパークで潜ってきました。で、1日超浅場で2時間オーバーの2本、オヤジ2人はクラゲにササりっぱなしでした。金曜からの南からの潮で、水温も21〜23度ぐらいと超暖かく、春の名物クラゲや流れ藻がいっぱい流れてきてクラゲについている、クラゲウオ、ハナビラウオ、アジやコガネシマアジのお子さまなどがいっぱい着いていてとっても楽しかったです。それとボートのポイントはあぶないので、ビーチは心置きなく撮れるんで嬉しかったです。で、ビーチをあがろうとした時フェイスブックにも載せましたが、ミツギ君が超珍しいフリソデウオを発見!Goproを持っていなかったのは残念ではありましたが、ビックリです。

_j5g9222

フリソデウオ、深海500メートルあたりに住むテンガイハタなどの仲間です。この子はお子さまなので、何かの拍子に浅いところに上がってしまい、パークのビーチで現れたのだと思いますが、(パークが発行しているマリンパビリオンの1983年4月号にフリソデウオの記述がありました。)実にキレイで印象深いおサカナです。しかし、オヤジ二人のヒキの強さは、スゴイかも( ̄ー ̄)v
ちなみに、ちょっと悔しいミツギ君

_sdi2611
しかし、楽しいダイビング有り難うございました。
写真は、マーク3+EF100ミリF2.8ISとSD1merrill+シグマ10ミリF2.8で撮りました。

ワールドカップ予選

_sdi2318
といっても、日本代表ではなく、フランスvsスペインのヨーロッパI組の試合について、ヨーロッパ予選はA〜Iの9組に分かれて予選を行っています。とりあえず各組の1位は本戦出場で、2位になった国の内、勝ち点で上位8チームがプレーオフを行い残りの4チームを決めます。I組のスペインは、この試合の前まで、何となく勝てる試合で失点して勝ち点を伸ばせず、フランス戦に敗北すると予選落ちの危機が現実のものになりそうでした。アウェイのフランス戦の戦いぶりは鬼気迫る雰囲気で、レフリーの笛に怯えて当たれない軽いプレーに終始した何処かのチームとは全然違いました。その気迫が、ペドロのゴールを産み、バルデスは獅子奮迅のセーブでフランスの3度の決定機を阻み、フランスが後半10人なったことで1-0で勝利し、とりあえずの危機は去りました。残り3試合、ぶっさいくなことをしなければ本戦出場となりそうです。
ところで、レフリーの笛に怯えて当たれない軽いプレーに終始した何処かのチームですが、この試合で負けたからといって本戦出場は多分鉄板だと思いますが、アウェイでこんなぬるい試合をしていたら本番では絶対にあかんでしょ!心を入れ替えて精進せーよです。
写真は、SD1merrill+シグマ10ミリF2.8で撮りました。RAWをSPP5.5でモノクロ現像してPSのカメラRAWで色温度を変えて青くしてみました。明日は、今シーズンで最後のあそこに潜ります。

マイブームはとうに

_j5g8509_2
終わってしまったウミウシさん達ですが、ところ変われば品変わるで、北の子たちはなかなかラブリ〜です。富山の海にはミノウミウシの類いがいっぱいいてどれもチッサイ・・、この子が誰なのかもよく判りませんが遠くに、ガイドさんの明かりがボーッと光って、なかなかいい感じに・・!
写真はマーク3+EF100ミリF2.8で撮りました。実際ウミウシさん名前は、空前のウミウシブームのの時にエエカゲンな名前がいっぱいついて、ちょっと食傷気味になったんですけど、北の子たちはなかなかいいっすね。今回もいろいろ見せていただきましたが、もっと気を盛り上げて撮ってみたいと思います。
2倍〜3倍マクロ仕様組み上がりました。週末、例のあそこで試して見ます。

珍しい・・、本家ビクニン

_j5g8699
ビクニンというとスナビクニンを思い出しますが、北の海の深海にカサゴ目クサウオ科クサウオ属のビクニンという魚がいます。滑川では、この時期夜になると20〜30メートルあたりの砂地に上がってきます。(だぶん産卵のためだと思います)ビクニンはいろいろな種類がいるようですが、このビクニンも、なかなか見ることのできない珍しい子らしいです。クルリンと丸まった姿は、なかなかラブリーなんですが、この日は、あんまりピカピカさせないでとちょっと怒られてしまいました。
写真はマーク3+EF100ミリF2.8で撮りました。多分お子さまもいると思われますが、一度お会いしたいものです。この日は、合計5匹ぐらいいて、大盤振る舞いでラッキーでした。

ほんま、お久しぶりの

_j5g8472
バルスイバラモエビは、ほんまキレイですね。特にこの子はとっても小さかったので淡い色でとってもラブリー、かれこれ20年程前に八幡野で見て以来です。(南紀にはいないもんね)スナイソギンチャクってとっても痛いのですが、この時期の滑川は手袋が必須なので、安心して近寄れました。(変にイソギンチャクを刺激すると潜ってしまって大変なことになるんで、そっと近よりました)尻尾も上手く開いてくれました。
写真はマーク3+EF100ミリF2.8+クローズアップで撮りました。ダンゴちゃんやホテイさんも会いたかったですが、この子に会いたい一心で滑川に行ったのであえて良かった。☆^▽^☆

ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ