2013年02月

カンプノウで完敗

_j5g7253_2

バルサ、コパセミファイナルでマドリーに完敗でした。CLのミラン戦といい、コンディションが悪いのかなぁ・・?ビラノバさんが病気治療中いうのも大きいのかなぁ・・?しかし、カンプノウでの完敗はちょっとショックでしょうね。この敗戦で土曜日のクラシコは・・???かも。(バルサもマドリーも現時点ではリーガの勝利以上にCL勝利が必要という感じ、特にマドリーは火曜日にユナイテッドとのアウェイの試合が待っています。)しかし、なんといってもクラシコ、モチベーション的には??な試合ですが、熱い試合になるといいですね。しかし、メッシがカゼでダウンらしいですが、バルサのコンディションが心配です。後、先発がどうなるのか興味深いですね。
写真は、マーク3+TS-E17ミリF4で撮りました。闇夜の小笠原の海はほんまに暗かったです。高感度に優れたXとか3とか6とか・・?ちょっとだけ触手が動きます。

よだれがでちゃいました

_j5g7492
その昔は、イセエビに比べ、市場価値が低かったセミエビですが、大きさといい、身の甘さから最近はなかなか高級で手が出にくくなりました。そんなセミエビさんのでっかいヤツが、頭隠して尻隠さず状態でサンゴの下にいたので、お出まし願いました。普通は、アッという間尻から飛んで逃げますが、さすがにここまでデカイと悠然としていました。ここまでデカイヤツはなかなか見たことがありません。
写真、マーク3+EF8-15ミリF4で撮りました。できることなら・・・でしたが、ここまでデカイと力もハンパ無いと思います。
エビさんは、前に進まないので、安心してポートを近づけられます。

意識しすぎでしょ

_sdi2271_2
まぁ、明るかったし、うねりもあったし、ノーストロボは、どんなカンジかな・・?などと、串本の住崎は、小さな根がいっぱいあります。普通の透明度の時は、遠くの根が見えないので、いつものコースで自信を持って泳げますが、よ〜く見えていると普段は見えないちょっと先の根が見えるもんで、「えっ!ここは????」ということになってしまいます。とりあえず、バディさんが落ち着くまで手近なトサカを、来年の審査員を意識してパチリ!しかし、なんでもない写真になっちゃいました。
写真は、SD1merrill+シグマ70ミリF2.8+シグマ×1.4テレコンで撮りました。

風の強い、寒い日曜

_sdi2297
何故か、フォトコンの表彰式の時分は、海が荒れるんですよね。北西ビュービューで、クローズ一歩手前で、グラスのサクラダイちゃんには会えずじまい、近々リベンジかな・・・?水温は16〜17度、小笠原でロクハンで泳ぎまくっていたので、ドライの感覚がもひとつしっくりこず、撮るのに集中できません。カラダが安定せず、こんなことに・・・!やっちまいましたね。
写真は、SD1merrill+シグマ70ミリF2.8+シグマ×1.4テレコンで撮りました。ちょっとだけ来年のフォトコンの審査員を意識しながら、絞り開放なんか試すからこんなことになるんですよね。揺れるうねりに翻弄されながら、こんなことになってしまいました。

プレフラッシュ

_sdi1131
小笠原では、諸般の事情でSD1merrillさんがマクロ担当になりましたが、ファインダーはヤマがはっきりしていて思ったよりストレスがありませんでしたが、ややかったるいレスポンスとプレフラッシュのタイムラグがちょい気になりました。レスポンスは、電源オフから立ちあがりがマーク3などに比べるとややもっさりしているのと内臓ストロボのチャージに若干時間がかかり、シャッターを切るタイミングが微妙にずれ、気持ちを萎えさせます。プレフラッシュのタイムラグは、一度測光のためストロボを軽く光らせてから本発光をするので、オサカナさんによっては、最初のプレ発光に反応して上手くフレームの中に入らなかったり、サカナのカタチが微妙に変だったりします。プレフラッシュは、イノンのS-TTLが効くので近接の撮影はラクチンではありますが、SD1merrillさんの場合1メートルくらい離れるとアンダーになりやすくその時はマニュアル発光のほうが上手くいきます。(S-TTL→マニュアルの切替はめんどくさいんです)SD1merrillさんは、電池の持ちもイマイチなので、シンクロ仕様に改造しようかなとも思っています。
写真は、SD1Merrill+シグマ70ミリF2.8で撮りました。写真の子は、コノハウミウシといって、着底せずに一生を浮遊生活で終えるという変わったウミウシです。なんか尻尾のようなカタチがあるので、最初は何かの幼魚かな・・?と思ったりしました。しかし、そんな浮遊生活で、よく相手と出会えるんですね。

ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ