2012年04月

GW真っ最中

_mg_5549_2

でも、思いっきり仕事です。ここのところ、ずっと忙しいので、疲れています。まぁ、只今カメラのシステムを見直し中なので、みんなの休みが終わったら、思いっきり、遊ぼうと思っています。
ところで、5月21日の金環日食ですが、結構盛り上がっているようですね。東京がストライクなのが大きいですね。僕は、何処で見ようか考え中です。橋杭をバックにというのもいいかなと思ったりしていますが。かなり混みそうですね。それより天気が気になるし、一応予行演習も必要だし・・・、などといろいろ考えています。
写真は、7D+Rising ピンホールレンズ ワイド_V ライジングで撮りました。
ところで、7DやD300の後継機は出るんでしょうか・・・?とりあえず、ニコンさんはエントリー機のD3200を2400万画素でだしましたし、キャノンさんもキスの新型の噂もあります。7DやD300クラスのAPS-Cのカメラって、なかなか難しい位置づけになってきたような気がします。でも、7Dってある意味、マーク2よりいいカメラなんだけどな・・!

ペップ退任

_sdi0486

4年間、リーガ3連覇、CL優勝2回と、新たな伝説を作ったペップが、バルサの監督を退任することになりました。残念ですね。後任は、今のアシスタントコーチのティト・ビラノバさんということになりました。(バルサは、やっぱりキープコンセプトというこなんですね。)カリスマ指揮官が退任したバルサ。来シーズンも楽しみですね。
写真はSD1 Merrill+シグマ150ミリF2.8マクロOSで撮りました。ところで、世間は今日からGW突入です。とりあえず、もの凄くいい天気でした。が、我らは・・・・?ウチで仕事です。小笠原に3週間もいっていた3月が浦島太郎のように夢のようです。

CL決勝は、英vs独に

_sdi0515

セミファイナル前は、決勝はクラシコか!!と思われていたのですが、以外にも、チェルシーに続き、バイエルンが勝ち上がりました。バイエルンは史上初のホームで開催されるCL決勝に進むことになります。しかし、今回のセミファイナルを見て、アウェイゴールの持つ意味がほんまキモでしたね。バルサは、セカンドレグ前半ロスタイムの思わぬ失点で沈み。マドリーは、早々に2点リードしたにも関わらず、1点をPKで失い、後半から延長戦に懸けては、アウェイゴールを意識しすぎて、PK戦で敗退という結果になりました。しかし、ノイヤーもカシージャスもすげぇGKですね。ロナウドとカカをドンピシャで止めたノイヤーはあっぱれでしたが、クロースとラームを気迫で止めたカシージャスは凄みがありました。結局セルヒオ・ラモスがふかし、シュヴァインシュタイガーが決めて、バイエルンの勝利となりましたが、カシージャスすげぇ!です。しかし、決勝は、チェルシーもバイエルンも出場停止の選手が多いのは、ちょっと気になりますね。僕的に一番がっかりなのは、今年のトヨタカップは、これで、バルサもマドリーも見ることができなくなったことかな・・?
写真はSD1 Merrill+シグマ8-16ミリF4.5~5.6(14ミリあたり)で撮りました。このシグマ8-16ミリF4.5~5.6、結構よく写るいいレンズなのですが、SD1 MerrillだとSD15に比べるとグ〜ンと広く写るので、10〜14ミリあたりを使うことが多くなるような気がします。

落日のバルサ

_sdi0118

クラシコに続き、CLセミファイナルも敗退とは・・・、ちょっとショックです。どちらの試合もあのシュートが決まっていれば・・!という感もありますが、タラは北海道なので、素直に敗退を受け入れなくてはならないのでしょうね。しかし、メッシのポスト直撃のシュートもスローで見るとチェフが触っていたし、チェルシーは先発のセンターバックを欠きながら、よく守りました。(ひょっとしたらセンターバックが本職でなかったのが、よかったのかもしれませんが)今シーズン、ここぞという時に失点しまうのは、この試合でも繰り替えさえました。ピケやペドロがもひとつ(この日ピケは頭をうって交代しましたが)アビダルは手術で不在、ビジャもアフェライも怪我と先シーズンよりは厳しかったのは、確かだと思います。11-12シーズンの終わりが、バルサ凋落の始まりなのかも?という気もしないでもない、一夜でした。しかし、年末の頃は、バルサに勝てるチームはあるんだろうかとさえ思う程だったんですけどね。やっぱ、ヤツらも人の子だったんですね
写真はSD1 Merrill+シグマ8-16ミリF4.5~5.6で撮りました。

ピンホール

_mg_5527

針穴写真って、昔は、長時間露光しなきゃいけないので、数撮れないので、なかなか敷居の高い、忍耐強い人がやるもんだと思っていましたが、デジタルになって、ISO25600!とかISO51200なんて超高感度が使えるようになって、手持ちでも撮れちゃうんですね。
「Rising ピンホールレンズ ワイド_V ライジング」という韓国製のピンホールを今回試してみました。とりあえずカメラに取り付けて、ファインダーをのぞくとほぼ真っ暗です。ですが、ライブビューでみると、普通に見えちゃうので、ちょっとビックリ。真っ昼間の晴れた太陽の下で、ISO25600で1/400が切れました。それでだいたい2絞りぐらいアンダー!何枚か撮りましたが、ややアンダー気味がピンホールらしいので、F値は、雰囲気的にF512ぐらいで計算するといいかもです。カメラは、なんでもいいのですが、フルサイズがワイドに撮れるので、一番使いやすいとかな・・・?
写真は、マーク2+Rising ピンホールレンズ ワイド_V ライジングで撮りました。
次回は、三脚につけて、撮ってみようかな・・・?

ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ