2011年07月

そろそろ、むずむず

_mg_8892

奄美から帰って約2週間がたとうとしていますが、いろいろと家庭の事情で出かけることがままならぬ日々が続いています。一昨日から、ひらめくことがあって、カメラの組合せをちょっと変えて見ましたが、いつ試せるかよく分からんのがつらいです。まま、あの台風6号以後、ちょっとお天気も変なので、まぁ、少しはというところですが、むずむずしてきました。
写真は、マーク2+EF100ミリF2.8L Macro IS USM+1.5倍テレコンで撮りました。ダテハゼさんのお子様ですが、ちっさかったです。ちっさい子を見つけるとついつい撮ってしまうのは何故なんでしょうか・・・?

ところで、話は変わりますが、最近ネット放送局等で、福島関連等の番組を見ていて、ちょっとビックリしたのですが、6月に入ってから、福島ナンバーの車のエアフィルターを何台分か回収して調べたところ、セシュウム、ヨウ素などに加えてテルル検出されたということらしいです。テルルというのは、半減期が短い放射性物質なので、事故から3ヶ月以上もたって検出されるということは、今でも小さな再臨界が起こっていて、その放射性物質が大気中にばらまかれている可能性があるということなんだそうです。政府・東電はあたかも、順調に事故後の対策が順調で、終息に向かっているかのような演出をし続けていますが、本当のところはとんでもないことが未だに続いているということかもしれません。
もうひとつは、体内被曝の検査で切り札のようにいわれている、ホールボディカウンター(HBC)なんですが、HBCでは、γ線を発するセシュウム、ヨウ素等の被曝量しか量れないので、もっと恐い、β線しか出さないストロンチュウムやα線しか出さないプルトニウム、ウランは検出することが出来ないので、体内被曝の過小評価につながり兼ねないということらしいです。
後、後々のことを考えて、髪の毛を行動記録と一緒に保管しておくといいということらしいです。
しかし、あの事故以降、程度の差こそあれ、日本中が放射性物質で汚染されてしまって、これからの日本人はどう放射性物質と折り合いを付けて生きていくのかが、これからの大きな課題だと思いますが、まさか自分の生きている内にこんなことになろうとはというのが多くの日本人の本音なのかもしれません。が、笑いとばすに笑えないこの重い現実は、今後、何百年僕たちにのしかかり続けていくことは、間違いありませんね。

アナログ終了

_mg_8866

今日の正午でアナログ放送は終了します。アナログのテレビでは、大仰な後何日というスーパーが番組中だけうつっていました。字幕スーパーが流れようと何か大事なものが写っていようとお構いなしの傍若無人さです。CMの時はなくなるので、テレビ放送がいったい誰のためのものかよーくわかるというものです。アナログ放送からデジタル放送に変更する時に一番安上がりなのは、衛星を使って放送するのが一番の安上がりなのですが、地方の放送局がなくなってしまうので莫大な予算がかかるUHFを利用した地上波デジタル放送を採用したということらしいです。いまさらこんなことをいってもしょうがないのですが、綺麗で緻密な放送は利用者の為といいながら、実際は誰のための地上波デジタル放送かということは言わずもがなということなんだと思います。
写真は、マーク2+EF100ミリF2.8L Macro IS USM+1.5倍テレコンで撮りました。ウミタケハゼさんの目の中にふたつのストロボがキャッチで写っていますが、S2000の色は白く、アテナのリングライトは黄色みおびています。この時のリングライトの発光量は相当抑えめだったのですが、発光量が小さくなると若干色温度が低めになるんですね。今まで気がつきませんでした。

指宿くん、セビージャに

_j5g7424

リーガの2部、ジローナ所属で、先シーズンはレンタルで2部Bのサバデルでプレーし、10点を取った(チームは2部Aに昇格)指宿くんが、セビージャに移籍だそうです。とりあえずセビージャのBチーム、セビージャ・アトレティコ(2部B)でプレーするそうです。ユースからいきなりスペインに渡った指宿くん、あまりプレーを見たことがありませんが、Aチームに上がる日を期待しています。
写真はマーク3+シグマ15ミリF2.8で撮りました。
ところで、コパに決勝は、ウルグアイとパラグアイになりました。パラグアイは、ベネズエラを(ブラジルに続き)PK戦で破り、決勝進出です。パラグアイは、グループリーグのオール引き分けだったので、一度も勝たずに決勝進出という不思議なことに・・・、これで、決勝戦もPK戦で、パラグアイだととても珍しいことになるかも・・・?です。

遅くていらいらします。

_j5g7496

ほんまになかなか進まない台風6号です。早く過ぎ去って台風一過となって欲しいものですが、今日1日は無理のようですね。あまりに遅いので雨の量もハンパ無いですね。
しかし、今回の台風の進路は今まで見たことが無い変わった進路ですよね。普通このコースで入ってくると列島を北東へ突き抜けるはずなのに四国でバウンドするように東に進路を変えるなんてほんまビックリです。しかし、衰えたとはいえまだまだ980hPa早く通り過ぎて欲しいです。
写真はマーク3+シグマ15ミリF2.8で撮りました。
ところで、なでしこさん達、昨日帰って来ましたね。報道等の盛り上がりは凄かったようですが、彼女たちはもう24日頃からリーグ戦が始まるんですね。ゆっくり優勝の余韻に浸る暇も無いようです。なでしこリーグのHPを今回初めて見たのですが、6月11日にあった、代表もいっぱい居る神戸INACと伊賀のくの一の試合の観客数が448人。これでは、アルバイトしながらサッカーを続けるしかないのも頷けます。もし男子がW杯で優勝したら、勝利給、出場給、優勝ボーナス含めて3000万円以上になるという話も聞きますが、今回のナデシコさん達は今までの規定では150万円だったのを上乗せさせるという話ですが、それでも男子の5〜7%程度。本当に命を懸けてサッカーに打ち込まないと続けて行くのは無理な環境なんですね。しかし、彼女たちは次のロンドンオリンピックの予選が9月1日から中国で始まります。11日までの約12日間で5試合。最初がタイ戦、中1日で韓国戦。また中1日でオーストラリア戦。で、中2日で北朝鮮戦で中2日で中国戦とい過酷なスケジュールです。キモは、中2日で続く3戦目のオーストラリアと4戦目北朝鮮あたりだと思います。2位までが、オリンピック出場なので、負けない試合運びとか得失点差、ターンオーバーとかいろいろ戦術、戦略も重要となります。もし、ここで出場を逃すと今回の優勝も水の泡となるかもしれません。ほんまにゆっくり休む暇も無いようですが、フォルツァなでしこです!

ブラジルも負けちゃいましたね。

_j5g7369

アルゼンチンだけではなくて、ブラジルもPK負けでしたね。それも4人連続ではずす!そして3人は枠にすらいかないというありさまで、なんだかなぁ・・です。まぁ、パラグアイが良く守ったというべきなんでしょうか?ベネズエラがチリを破ったのもビックリでした。これで、4強は、ペルー、ウルグアイ、パラグアイ、ベネズエラ。もし、代表が参加していたら、ひょっとしたら優勝だったかも・・?なんて妄想もわいてきます。優勝はウルグアイ・・かな?
写真はマーク3+シグマ15ミリF2.8で撮りました。
震災後、屋外にあった飼料用稲わらが原因の牛肉の放射能汚染が問題になっています。が、そんなこと当然予想できたことで、何を今さら大騒ぎするのかという気もします。(3月の時点で当然、予測できることだと思います)このことで、福島県の牛肉の出荷が制限されるようですが、発覚するまでほっておいて、いざ発覚すると出したらあかんなんて、ほんま頭にきます。しっかりとした対策を取っていればこんなことにはならなかったはずなのに、仕事を取り上げられてしまう国民の苦しみなど、お上は関係無いということなんでしょう。きっと同じことが、海産物にも起きるに違いありません。

ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ