2007年04月

もうすぐゴールデンウィークですが

R0010040

もう少し、頑張れば、休みになります。思えば、約1ヶ月ぶりの休みです。が、その前に片づけなければならない仕事がああああああ!!です。仕事しなければ、遊べませんが、遊べないほど忙しいのもどうよ!です。
このところ、我社も新製品ラッシュです。ビスタのパソコンと新しいマックProとiMACを導入しましたが、忙しくてiMAC以外は、なかなか使い込めていません。僕たちのように印刷の関わるものにとって、ビスタは、ちょっとやっかいなのです。じつは、今回のバージョンアップで使える日本語の文字の数が、大まかにいって約倍になりました。今までは、使えなかった、人名の漢字も使えるようになったのです。でも、それは、ビスタのパソコンとその文字コードの対応したソフトを使っているときだけなのです。だから、その対応をどうするのか研究する必要があるのです。しかし、最近の技術革新は、ほんまに人間を幸せにしているのかなぁ~~と、ふと、疑問に思います。その、最たるものがケイタイです。今や無くてはならないアイテムのひとつですが、いかんせん情緒が無い!恋愛ひとつ取っても(今さらですが)昔は、電話して、お父ちゃんでたらどうしようなどと、悩みながら電話するあのドキドキ感が不自由感がよかったんやけどなぁ・・・。んなこと言ってるからジジイなんか。
ともあれ、あとちょっとで海に行ける!!!しかし、この一ヶ月のブランクは浦島太郎みたいな感じで何ともはや、なかなか落ち着きません。

写真は、GX100で、床屋に行く途中で・・・、

海に行けなきゃリーガ

R0010050

といううことで日曜の早朝は、レアルマドリッドvsバレンシアを観戦。結果は2-1でレアルの勝ちでしたが、負けた方が、優勝争いから脱落するということで、なかなか渋い試合でしたが、バレンシアはチャンピオンズリーグに続いて痛い敗戦でした。しかし、ビジャとモリエンテスの2トップにホアキンが絡むとなかなかいい感じだったのですが、後半そのホアキンを交代でバレンシアの勝ち目は無くなったような気がします。一方レアルは、怪我が癒えたベッカムが復帰し、後半途中から出場、FKからセルヒオラモスのヘディングの一点を演出しました。デッドボールファンタジスタの面目約如でした。それにしても、ファンニステルローイの一点目のボレーはすごかったです。
一方、バルサは、まだこれからですが、先週の水曜のスペイン国王杯の準決勝1legのメッシの5人抜き、ビデオ見ましたが、ほんますごいです。現地の新聞はメッシドーナだって、あの伝説のマラドーナの5人抜きの再現ということです。しかし、この試合メッシは、もう一点取ったのですが、そのゴールもすごい!ものすごい狭いスペースで、まるでフリーのようにシュートを決めるのは、なんといっていいかわかりませんが、ほんま、すごい!のです。
といっていたら、バルサ、ビジャレアルに負けちゃいました。それも、2-0で、前半、チャンスは多かったんで、行けそうかなというところを、ピレス(こんなところにいたんですね。知らんかった)に決められ、ビジャレアルを乗せちゃいました。しかし、セビリアも勝ったんで、バルサは、勝ち点差1。レアルには勝ち点差2。バレンシアは負けたけど、バルサが負けたんで、何とか希望はつながりました。バレンシアのカニサレスは、今節前にバルサは負けると予言していたらしいですが、その通りになっちゃいました。佳境にはいり、バルサノ足踏みでますます混戦のリーガ。来節が楽しみですが、来週は海か・・?

写真は、庭にいたハートマークのテントウムシ。ちょっと、ぶれちゃいました。

海に行けない日は選挙

R0010048

今週なんて、空いててなかなかいい海日世でしたが、あえなく、仕事で・・・んんんでした。ということで、今回は、市会議員選挙に行ってきました。僕の住んでいる岐阜市は定員44人に約51人が立候補していますが、市政にはうとい僕にとって誰がどんな立場でどんな政治的ポリシーを持っているか皆目わかりません。まま。勉強不足といえばそうなんですけどね。でも、今回、岐阜市は、善商という会社が残した産廃問題が岐阜市にはあります。一説によると最終処分まで100億を超える資金が費用という試算もあるくらい大変な財政負担を強いられる問題なのです。おかげで平成の大合併の時代にもかかわらず近隣の市町村にそっぽを向かれ合併すら何ともならん状況に追い込まれていますが、にも関わらず、それをどうするか、具体的な話はどこからも聞こえてきません。そんなこんなで、なかなか寂しい市会議員選挙ですが・・・?まま、とりあえずいくだけは行ってきました。

ひさかたブリに

R0010006_1

ひさかたブリの更新です。ちょっと忙しかったので・・・、今週末もお仕事に・・・・。そんなブルーな毎日にちょっと、うれしいお届け物が・・・、じつは、昨日発売のリコーのカプリオGX100が我が家にやってきました。夕方届いたので、日も暮れた庭先でちょっと激写・・、光が少ない状態なのですが、なかなか、いい発色です。このカメラ、普通のアスペクト比に加え、1対1のスクエアフォーマットが選べます。もちろん、普通のフォーマットの左右をちょん切って四角にするだけなんで、解像度は約700万画素になりますが、6×6のようなこのフォーマットなかなか面白いです。そういえば、今度の新しい1Dマーク3にもこのフォーマットがあったけ・・・。ハッセルでお辞儀しながらこのスクエアのフォーマットで撮るときは、何となく、自分の世界にどっぷり浸かれるような気がしていたもんですが、(ビューファインダーの見え方は、まぁまぁですが、もうちょっと頑張って見やすいともっといいけどねなぁ。)小さいながらもそんな気にさせてくれそうなフォーマットでした。その他にも、マクロが望遠でもレンズ先端から3センチまで効くとか、その時に内蔵のストロボでも光がけられません。(さすがにワイドはダメだけどね)ストロボは、自分でチルトアップしないと金輪際光らないとか、マニアをくすぐる仕掛けが随所に、、、レンズは24ミリから72ミリ相当の3倍ズーム。惜しいのは、レンズの先端にレンズバリアーがないところ、GRデジタルやGX8はそうなっていたのこれは、ちょっと残念です。キャップをつけたままだと起動しないので、よけいじゃまくさい。電池はGRデジタルと同じなので、僕のようなGRデジタルユーザーにはありがたいかな。バッテリーや充電器の無い組み合わせで売ってくれるともっと良かったけどなぁ・・・。などと、ファーストインプレッションでした。

ところで、ブログをお休みしている間に、長崎市長が襲撃され亡くなるという、何とも痛ましい、恐ろしい事件が起きました。段々と寛容さを無くしていく世の中と同じ符帳のような気がして、とても、暗澹たる事件でした。志半ばで、倒れた伊藤市長のご冥福をおいのりします。

知らないハナゴイ

_0011395

今日、知り合いがおフランスのおみやげに、サカナのカレンダーをくれました。フランス人のカメラマンが撮った写真のようですが、まま、外人スタイルというか、なかなか色こってりといった雰囲気でしたが、この見知らぬハナダイ・・、アカネちゃんとキンギョちゃんを混ぜたみたいでハナがとがっています。しかも、黄色!説明を読むとThreadfinfairy bassletとあり、タンザニアで撮ったものらしいです。タンザニア・・・、昔、石原裕次郎が石原プロを作って、制作した「栄光の60000キロ」やったと思いますが、サファリラリーの映画を見たときにサファリラリーってタンザニアという国を通るんやと子供心に印象深く刻み込まれた、遠いアフリカの国・・・、こんな、ヤツがいるんですね。たいがい日本人で知っている人はあんまりいないと思います。でも、海に行けない日々が続く僕には、なかなかうれしいおみやげでした。

ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ