2007年03月

桜は咲いたんでしょうか

Sakura04

おととい、U22のオリンピック第2次予選のシリア戦がありました。相手はユース世界戦の時のベスト16のチームということで、実力的にはどっこいどっこいか?という戦前の予想でした。(同じ大会で日本もベスト16だった)が、終わってみれば3-0の快勝!特に前半の2点目取った後、何となく相手を気迫でも組織でも圧倒して、5~6点ぐらい取れそうでしたが、いわゆる決定力不足で結局は3点止まりでした。(相手のGKがなかなかイイ選手だともいえますが)これで、U22は桜咲くといえるんでしょうか・・・?今回は、ホームで家長の100回打って一回というミドルが綺麗にゴールマウスに飛び込んだことで、その後は面白いように攻撃ができましたが、それまでは、ちょっとあぶないひ弱さがかいま見えました。中途半端なクリアで、決められそうになりましたが、相手のファールで事なきを得たシーンなどは、ちょっと頂けませんでした。2位までが抜けることのできる2次予選は、見なくても最終予選に進めるわけですから問題ありませんが、最終予選は1位だけが北京に行くことができます。韓国、イランだけでなく今回はオーストラリアもAFCに入り、組み合わせによっては、エライ厳しいグループに入るかも知れません。さて、我らサポーターもそろそろ最終戦を睨み、気合いを入れ直さねば・・・!

1Ds+シグマ24ミリで撮りました。

センサーのゴミとり

Sensar

デジタルになって、にわかに言われ出した、センサーのゴミ問題ですが、フィルムの頃はあまり言われませんでしたが実際は、写真はそのできた当初よりゴミとの格闘の歴史です。モノクロの頃からフィルムに付いたゴミを完全に取ることができませんでしたから、できあがった後にスポッティングという作業は欠かせませんでした。実際学生の頃、写真展などをすると年配のベテランからはスポッティングがあまい!などとおしかりを受けたものです。15年ほど前に初めてフォトショップに出会ったとき、そのゴミ取りの簡単さにビックリして、マックを仕事で使おうと思った位でしたが、ポジをスキャナーで読み込んでもやっぱりゴミは必ずつきます。それをひとつひとつ消す作業はなかなか大変でした。が、デジタルのセンサーのゴミは、いつも同じ場所にあるので比較的消すのは簡単なんで、僕はあまり気にしていませんが、それでも、画面いっぱいに広がる黒い点はあまり気持ちの良いものではないので、時々はサービスで掃除してもらっています。最近のデジタル一眼には、センサーを振動させてゴミを取る機能が付いていたりしますが、それもなんでもかんでも大丈夫なわけではなく、油脂系の粘着力の強いゴミはなかなかとれません。で、こんなセンサークリーニングキットを見つけました。ペンタックスの純正でこの先の四角い部分をぺたぺたとセンサーにあて、ゴミを取るという、ハイテクの塊のセンサーにものすごいローテクのクリーニングキッとです。値段は実売だいたい4000円ぐらいです。まだ、使っていませんが、近々活躍の予定です。

世の中変わるんです。

Ando

金曜日と土曜日で、女子の世界フィギアが行われました。皆さんも知っての通り、安藤さんが一番で、まおちゃんが2番、キム・ヨナさんが3んばんで、4番はキミーちゃん、そして、5番が中野さんでした。この上位5人の中にヨーロッパの選手は一人もいません。そして、アメリカの表彰台は12年ぶりにとぎれました。もともとフィギアは、ヨーロッパのもの、そして、新大陸のアメリカとの戦いで、アジアの日本などその末席においといてやるはぐらいの競技のはずでした。伊藤みどりさんがその牙城に一人で、三回転半(トリプルアクセル)で戦いを挑み世界選手権で優勝したのが10年ちょっと前。以来日本人の優勝者は、佐藤さんと荒川さんの2人、そして、その荒川さんがトリノで金メダルを取った後の今年の世界選手権は、アジア人で表彰台の独占です。そして、その3人の戦いに挑むことのできる選手は、ヨーロッパ人はいませんでした。まぁ、今回は東京というホームでしたからということはありますが、全く隔世の感がありますね。

だからというわけでは、ありませんが、我が代表がいつかワールドカップで優勝しても、全然おかしくは、ありません。日本で世界選抜、対、ヨーロッパと呼ばれるチャリティーは、ヨーロッパでは、ヨーロッパ、対、ヨーロッパ以外の国と呼んでいます。そんな奴らの鼻をあかす日がいつかやってくるといいなぁとフィギアの表彰式を見ながら思ってしまいました。でも、代表のペルー戦、CSでやっていたフィギアの生を見ていて、よく見ていませんでした。とりあえず高原君の反転シュートはかっこよかったです。

しかし、日曜の朝の地震はちょっとビックリしましたね。意外に強い地震で被災された方にお見舞い申し上げます。

彼岸桜

Sakura03

きのう、お昼に近所の公園にある、菜めし、田楽を食べに行きました。そのお店の前にある結構古い彼岸桜が満開になっていました。何年か前に古くなって折れそうな枝を落としたので、かつてのようなあでやかさはありませんが、それでも、なかなか立派な彼岸桜です。この桜が散ると、いよいよ、春爛漫のソメイヨシノの季節となります。ソメイヨシノは、江戸時代に江戸彼岸桜と大島桜を掛け合わせてできたものといわれていますが、基本的には接ぎ木で増やしているんで、どれも、同じ遺伝子のクローンなんですってね。昨日、よるの桜前線んちゃらかたらというTV番組を見てて、初めて知りました。

K10D+10-17で撮りました。

ジャパピグ

Japapigu

最近の串本のちょっとしたミニブームです。グラスワールドにいって、さて、ジャパピグでも捜そうかいね。と、いってみると先客がいっぱい。まま、しゃぁないなぁとフラフラとそのあたりを泳いで、皆さんがいった後にいってみると、あんなちっさいヤツわかるかなぁと思っていると、なにやら小さな動く影が・・・、よーく見るとジャパピグちゃんでした。しかし、こんなちっさいヤツ泳いでいるとピントあいません。ちょっとはずしちゃいましたが、こんなもんでしょうか・・・?しかし、泳いでいなかったら見つからんかったかも・・・?

90ミリ+1Dsmk2で撮りました。こんなちっさい子には、やっぱAPS-Cでしょうか・・・?しかし、タムロン、なかなかええ雰囲気です。

ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ