2006年11月

紙のようなピント

Oshii

今回、1Dmark2に180ミリに純正の1.4倍のテレコンをつけて撮ってみました。180×1.4にAPS-Hの1.3倍賭けて35ミリ換算約330ミリ!正に紙のようなピントです。この時ハナゴンベちゃんお口を開けたんで、その口のピントがいったら目はもうボケボケ。これでも、F6.3までは絞っているんですが。胸びれや腹びれのピントのあっている部分は十分すぎるくらい立体感もあって、解像力もなかなかなもんですが、開いた口にピントはきてますが、いかんせん目のピントがこんだけはずれたら、あきません。まま、いずれにしろ諸刃の刃、他にもハゼさんに試してみましたが、当たり前ですが、ものすごく遠くからも大きく写せます。この時期の透明度でなら使えます。その代わりにピンぼけを量産しながら・・・。(まま、デジタルやから数打ちゃ当たる。でいくしかありません。)まま、このハナゴンベさん体長多分3センチはありません。その小さなサカナでこのピントですもんね。ある意味シューティングゲームのようでおもろいなぁ。

え~~~!

今日で、アンドがしまるんやって。せめて、この週末までは、まっててほしいよね。しんじられな~い。

ちょっと、ショックなんで、ちょっと書き込み

奇跡の透明度、コワリ下

Kowari

日曜の須江は、あいにくの雨で寒かったですが、海は年に一度というすごく綺麗な日でした。いつも、数メートルしかないコワリ下ですが、20メートルは余裕で見えていました。いつもは、どんよりと浮かぶコワリもこんなに綺麗に見えました。これで、天気が良かったら鬼に金棒でしたが、そうは問屋がおろさないというところでしょうか・・・?今回は、EFの15ミリを持って行きましたが、こんなだとトキナーの方が画角が広くて良かったかも・・?まま、天気が良かったら後悔するところだったかも・・・?

ところで、今日、U21の日韓定期線がありました。結果は、1-1のドロー。どちらも決定機にはずしまくりでした。このゴール前の決定力をアジアの選手がヨーロッパや南米の選手のようにつけるには、どんな手があるんだろうか・・?(世界中で、どの代表チームも決定力。決定力といわれては、いますが)展開も遅い、一対一も弱い、選手のスピードも足らん。で、決定力がなくては、やっぱ、オリンピックでメダルなど、口にするのもはばかられます。

シースルー!ガラスハゼ

Garasuhaze005

これからの季節、海は天気がよいと午後から風が強くなるというパターンになりがちです。こうやって、雨が降るたび寒くなり水温も下がりはじめだんだんと冬になっていきます。が、この時期の海の中は、まだまだ水温も高く魚も活気にあふれなかなか楽しい季節です。おまけにダイバーも減って海の中も静かになってきました。そんないい季節に、ガラスハゼで一枚!シースルー感を出すために1絞りアンダーまでスローにして、ガラスハゼの赤とハゼの輪郭をうきださせるためにほんの少しストロボを当てて、撮ってみました。イソバナの枝が重なり合って奥行き感もちょっと出て、いい感じになったかな。

ところで、串本海中公園の水族館で、来年一月まで、ボクの写真を展示することになりました。機会が会ったら見てやってください。

ヤシャに首っ丈。その2

Yasha06

今回のヤシャ君の撮影には、Mプラナーに2倍のテレコンを連れて行きました。最近、銀塩でマクロを撮っていませんでしたの、一度陸上でシュミレートしデータを確かめてから行きました。で、ベルビア100Fを2倍増感し、1/30のF3.5でストロボはZ240が-4とTLA30を1/16で発光で撮りました。ヤシャさんが勢いよく飛んでいるので1/30だとちょっとブレ気味ですが、全開のヒレはとても綺麗に写りました。バックはもう少し明るくなる予定でしたが、この日はとても暗かったんでしかたないか・・・?といったところです。ところで、おとといのEF100ミリのと比べるとちょっとショックでした。まぁ、ストロボの角度とか強さとか微妙に違うし、銀塩とデジタルやからというのもありますが、Mプラナーの圧倒的な立体感は、ちょっと考え込んでしまいます。Mプラナーが使えるデジカメはないやろか・・?まま、マウントアダプターでMプラナーは、EOSでちょっと難があることはあるのですが問題なく使えます。が、絞りが連動しないので、多分絞れてもF5.6。テレコンつけるとほとんど開放でしか使えそうにないので、常用するには・・・・?です。が、Mプラナー、いいのは知っていましたがここまで解像感と立体感が違うとなにかうまい手を考えないと・・・・、

ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ