2005年09月

CMOSのゴミ

IY2Y2267 今日は、デジカメ一眼につきものの。CMOSのゴミについて・・、実際、シャッター幕だけで隠されている受光素子は、ゴミについては全く無力です。おまけに静電気で微細なゴミも吸い付けてしまいますので、F32に絞って撮った1Dmark2は、こんなにゴミだだらけになってしまいました。F5.6より開けるとあまり目立ちませんが、マニュアルにしたがった、センサークリーニングをしましたが、ほとんどとれませんでした。で、こうなるとサービスセンター行きです。東京や大阪のような大都会は、キャノンのSSがあるんで、昼間そこへ行けば、簡単にクリーニングしてくれるという噂ですが、地方に住むものにとっては、約1、2週間かけて、サービスへ送るしかありません。なかなか不便です。なにか、簡単で安全なセンサークリーニングを方法があるといいのですが、と思っていたら「ニコンクリーニングキットプロ」というものを見つけました。センサークリーニングなどの方法をを、わかりやすい説明ムービー付のグッズです。まぁ。実際の作業は自己責任でやるしかないので、いつセンサークリーニングに踏み切るか、思案中ですが、10Dあたりで練習してからと思っています。(実際、1Dsmk2や1Dmk2は、ちょっとしゃれにならんくらいエクスペンシブですからね。)結果は後日、報告します。 ちなみに「ニコンクリーニングキットプロ」はニコンのオンラインショップで売っています。

おニュウ・・・・

MG_0386 ちょっと前に頼んでいた、新しいハウジングができてきました。10D用のハウジングがちょっとへたって来て、最近、漏水するようになってきたんで思い切って、1Dmk2用で新しくマクロを主眼に考えて作りました。今使っているジリオン製のハウジングは、ケンコーのピックアップファインダーを使っています。これは、全視野が見えるのでそれはそれでいいのですが、1メートルを超えるとややピントがつかみづらくなります。(これは、ファインダーの倍率が小さくなるのと、ピックアップファインダーそのものが見にくいという欠点です)で、今回のは、ピックアップなしでファインダーの全視野を見ることは諦めて、ピントの見やすさ命で素通しにしてみました。果たしてそのもくろみはうまくいくんでしょうか・・・?今回は、初めてプルーフさんにお願いしました。なかなか丁寧な作りで頑丈そうなハウジングです。横位置、縦位置用のシャッターボタンも装備です。でも、進水式はまだまだ先です。・・・あぁっ!(ToT)

なぜか・・・?

IY2Y3787 先週の連休にバディが串本にダイビングに一人で出かけました。が、みんなに「旦那、大丈夫・・?」とか「大変やったねぇ・・」などと、大変心配して頂いていたみたいで、みなさんどうも有り難うございます。 で、ここからが、ネタ話、実際、かなりの大怪我で、本人としてはとても難儀をしているのですが、どういう風の吹き回しかは知りませんが、去年の初夏にバディもおんなじ怪我をしまして・・・とにかく夫婦そろってこんな珍しい怪我をするなんて、ほんま、オウマイガッ!です。が、そこに流れる雰囲気としては、「なんだかなぁ〜」と、どことなく「ぬる〜い」感じがいなめません。その「ぬるさ」をみなさん、感じるのか、心配しつつもどことな〜く「あんたら仲ええネェ」といったカンジだったらしいです。・・・(ほんま、心配かけてスマン) ところで、去年から漁業関係者やダイビング関係者を心配させていた、黒潮の大蛇行も修まったようです。これからは南方系の死滅君達も増えて海が賑やかになるのに〜〜潜れない我が身がとても歯がゆい。 ではでは

モノクロも・・・

XL0K2259 怪我も少しずつ回復して、かなり長い間起きていても大丈夫になってきました。今日は庭に出てみて、咲いていた芙蓉の花をモノクロで撮って見ました。その昔、写真やるということはイコールモノクロという感じでした。写真の命、ものの見方を表現するにはヒョッとしたら色に惑わせられないモノクロの方がいいのかもしれないなぁ・・・、などと思ったりしています。でも、ハナからモノクロという勇気はなく、RAWデータで彩度を無しにしてモノクロにする根性のなさは・・、ちょっと考え物かも。 ではでは

中秋の名月

meigetu 今日は、中秋の名月です。これは、天空にある満月の月です。怪我してから初めて写真を撮りました。それにしても以外に満月は明るくISO100で、F5.6の1/320でした。この中秋の名月の日の晴天率は以外に低く30%を切るくらいらしいです。でも、今日は珍しく快晴でした。 ではでは今日はこの辺で
ギャラリー
  • 残念ねぇ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
アーカイブ