Imgp0031 レンズは、やっぱり重くて、大きな方が、基本的にはキレイに写ります。ただフィールドで使うとき、大きさや重さ故、そんなカメラでは撮れない時もあります。虫を捕ってはる人たちは、実にいろいろな工夫をして、いろいろな機材を自作しながら撮ってはります。その工夫や工作には、ほんま、頭が下がります。ちっさいカメラにちっさなレンズでいろいろとやってはります。水中の場合は、外側がいるのと、ライティングが必須なので、あまりいろいろとできないのですが・・・、ドアスコープを利用した、お手軽フィッシュアイワイコン、魚露目8号というレンズがあります。これが、なかなかの優れもので、ピントさえ旨く拾えれば、なかなかの写りを見せてくれます。中遠景は、元のレンズとの相性があるので一概にはいえませんが、ちっさいレンズでギリギリ近づいてぱちり、リレー系レンズよりお手軽で、逆像にもならず、ちっさなコンデジにつければ、どこでも入っていってしまいます。 とりあえず、W60に魚露目8号をつけた試し撮り。