R0010006_1

ひさかたブリの更新です。ちょっと忙しかったので・・・、今週末もお仕事に・・・・。そんなブルーな毎日にちょっと、うれしいお届け物が・・・、じつは、昨日発売のリコーのカプリオGX100が我が家にやってきました。夕方届いたので、日も暮れた庭先でちょっと激写・・、光が少ない状態なのですが、なかなか、いい発色です。このカメラ、普通のアスペクト比に加え、1対1のスクエアフォーマットが選べます。もちろん、普通のフォーマットの左右をちょん切って四角にするだけなんで、解像度は約700万画素になりますが、6×6のようなこのフォーマットなかなか面白いです。そういえば、今度の新しい1Dマーク3にもこのフォーマットがあったけ・・・。ハッセルでお辞儀しながらこのスクエアのフォーマットで撮るときは、何となく、自分の世界にどっぷり浸かれるような気がしていたもんですが、(ビューファインダーの見え方は、まぁまぁですが、もうちょっと頑張って見やすいともっといいけどねなぁ。)小さいながらもそんな気にさせてくれそうなフォーマットでした。その他にも、マクロが望遠でもレンズ先端から3センチまで効くとか、その時に内蔵のストロボでも光がけられません。(さすがにワイドはダメだけどね)ストロボは、自分でチルトアップしないと金輪際光らないとか、マニアをくすぐる仕掛けが随所に、、、レンズは24ミリから72ミリ相当の3倍ズーム。惜しいのは、レンズの先端にレンズバリアーがないところ、GRデジタルやGX8はそうなっていたのこれは、ちょっと残念です。キャップをつけたままだと起動しないので、よけいじゃまくさい。電池はGRデジタルと同じなので、僕のようなGRデジタルユーザーにはありがたいかな。バッテリーや充電器の無い組み合わせで売ってくれるともっと良かったけどなぁ・・・。などと、ファーストインプレッションでした。

ところで、ブログをお休みしている間に、長崎市長が襲撃され亡くなるという、何とも痛ましい、恐ろしい事件が起きました。段々と寛容さを無くしていく世の中と同じ符帳のような気がして、とても、暗澹たる事件でした。志半ばで、倒れた伊藤市長のご冥福をおいのりします。