クラゲいろいろ

_DSC9155
まずは、寄生されるクラゲです。オオトガリズキンウミノミがチョウクラゲで幼体を保育しています。超クラゲはこの子たちのベビーベッド&食べ物でもあります。多分、最終的にはクラゲは食べ尽くされるのだと思います。
_DSC4339
その一歩手前がこれで、オオトガリズキンウミノミのペアがクラゲに取り付いています。メスのお腹にはタマゴがビッシリとしています。
_DSC0532_02
クラゲと一緒に旅をするシマガツオの仲間。成長に伴いだんだんとクラゲを乗り換えていきます。

_DSC2431
オオカラカサクラゲだとおもうけど、カサゴの仲間の幼魚を捕まえています。この子は、まだ、絶命はしておらず、時折暴れていました。
_DSC4821_02
これも捕食シーン。
あとは、ちょっぴり珍し系のクラゲ
_DSC2211
コモチウチコブヨツデクラゲ。だいたい5〜8ミリほどのクラゲ。峯さんが見つけて教えてくれました。足がゴリラポッドみたいです。
_DSC9052
キヨヒメと名が付くクラゲ、すごくやわらかく、ちょっとの水流で壊れてしまうらしいです。
_DSC1939
カタアシクラゲらしいのですが、あんまり特徴を上手く撮れていないのが残念です。

写真は、α7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで一部、α7RⅢ+タムロン20ミリF2.8で撮りました

放散虫の仲間

_DSC0516
今回の沖縄でもいろいろな放散虫の仲間に出会いました。
前回の有孔虫や放散虫の仲間は、一番小さな動物プランクトン仲間で、我々人類の文明社会の基となった生き物でもあります。彼らの死骸が億万年の地球の営みの中、文明社会の礎といえる、火打ち石になる地層、チャートの基であり、また、石油の基となった生き物です。
放散虫はガラス骨格を持った、単細胞または群体の生き物で、様々な形があり、植物プランクトンや小型の甲殻類を食べているようです。
浮遊しないと生きている放散虫を観察することはできないので、この2〜10ミリ程度の微細な生き物を観察するのも浮遊ダイビングの楽しみのひとつでもあります。
_DSC0481
ウミノミの仲間が着いていますが、食べられているのかも・・?
_DSC4719
小型のエビが着いていることもあります。
_DSC4700

_DSC2987

_DSC4076
この子は、長く触手を伸ばしています。この子たちは、捕まえても2〜3時間ほどで触手は溶けて、ただの丸い物体に変化してしまいます。
_DSC3700

_DSC3906_02
この子は、お初な子でした。なんかカッコイイです。
いずれにしろとても微細な生き物なんで、肉眼で見るというより、写真で撮って、後から拡大して一人悦にいる・・、といったおタク的な楽しみでもあります。まぁ、よい子にはわかったもらえないかもね〜

写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで等倍で撮って2倍ほどにトリミングしています。








タルマワシの仲間

_DSC1583
ヒカリボヤもタルマワシの仲間にとっては、食料&子育ての部屋になるんですね。この子は頭が入るくらいヒカリボヤを食べていますね。これから中身をほぼ食べ尽くし部屋が整ったら、産卵に入るんですね。いうたら、お菓子の家を手に入れて中身を食べ尽くしたら、子育ての部屋にするという、なんともまぁ、効率のいい生態ですよね〜。昔、ヒカリボヤに取り付いて頭を入れようとしている子を見たことがありますが、あの後こうなるんですね〜。
写真はα7RⅣ+FE90ミリF2.8マクロで撮りました
ギャラリー
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • クラゲいろいろ
  • 放散虫の仲間
アーカイブ